(C)小森陽一/集英社(C)2018 映画「オズランド」製作委員会

10月26日開の、波西島秀俊の初共演で贈る、遊園地を舞台にしたお仕事エンターテインメント「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」。今回、西島演じる小塚に実在するモデルとなった人がいることが判明し、西島コメントシネマズ独占で到着した。

熊本県に実際にあるグリーンランドリゾートの全面協のもと撮影された、ありそうでなかった”遊園地”という夢と笑顔を与える仕事に就き、“魔法使い”と呼ばれる変わりなカリスマと一癖も二癖もある従業員たちに囲まれ成長していく主人公を描いた本作。

西島が演じるのは、主人公・久美(波)が配属されるド田舎遊園地で、これまで提案した企画は全て実現&集客率を170まで引き上げたという伝説を持ち、共に働くメンバーからも慕わているカリスマの役どころ。理想と現実のギャップに悩み、自分の居場所を見つけられないでいる久美が少しずつ変わっていく、そのきっかけになる最も重要な人物だ。

小塚のモデルとなったのは、本作の舞台であるグリーンランドで働いた経験を持ち、現在福岡広告代理店に勤務しながら、フリーペーパー「BOND」の編集長を務める小柳氏。小柳氏が自らの体験を面おかしく、原作小森先生に話したことが小説の出発点であり、映画の元となった。「刺と不条理と感動にられた、忘れ得ぬ経験」と遊園地での勤務が小説化、そして映画化された気持ちを「椅子からすっっ転ぶくらい、びっくりしました」とる。そして「この映画は、遊園地の…という詞がつくと思うけれど、様々な遇で頑る若者たちへのエールインサイトだと思うし、地方の人々が元気になる、まさに今の時代にぴったりの映画だと思いました。」と大絶賛。(出典:bond-mag 編集長ブログより)

西島は、実際に撮影前に対面を果たしており、「ものすごい二枚目の方でした(笑)。相当シャープな方なのですが、グイグイいくエネルギーも感じました。そういう意味でモデルになった実在の方と、が演じた小塚は相当ギャップがあると思います(笑)の演じた小塚は、どこか抜けた、少し天然キャラクターで作ってしまったので、ご本人に申し訳なく思っています(笑)」と笑顔った。

ストーリー概要 

夢と希望にあふれて、彼氏と同じ一流ホテルチェーンに就職した波平美に言い渡されたのは、系列会社が運営する地方の遊園地グリーンランドへの配属辞令だった…!ふてくされながらも、“魔法使い”と呼ばれる変わりなカリスマ・小塚慶と個性的すぎる従業員たちに囲まれる日々を過ごすうち、少しずつ働くことの楽しさ・やりがいに気づいていく。小塚に対して、憧れともともわからない感情を抱きだしたある日、久美は小塚の秘密を知ってしまう…

関連記事

西島秀俊が波瑠に「キュンとすんだろ」!『オズランド』特報解禁・公開日が決定!
西島秀俊が魔法使いに!?波瑠主演映画『オズランド』の製作が決定