0_e

 ロシアの空軍基地近くの森の中を、子グマがひとりでさまよっていたところを基地のパイロットたちに発見された。

 パイロットたちはマンスールを引き取り、しばらく基地で面倒を見ることに。

 すっかり人なれしてしまったので野生に返すことはできないが、もっと自然に近い場所で暮らした方がマンスールの為に良いと考えたパイロットたちは、地元の職員にお願いし、自然保護区にクマを放してもらうことに。

 ところがこの職員が曲者だった。

 マンスールのその後の様子を全く教えてくれないことを不審に思ったパイロットたちは、独自に調査をする。すると予想外の事実が発覚する。

 なんとマンスールは見世物小屋で働かされていたのだ。

 そうしてまたパイロットたちはまたこのクマを救うこととなる。そして永遠に面倒を見ることを誓ったのだ。

―あわせて読みたい―

今年23歳になる息子だけどいくつになっても甘えん坊。夕食も一緒に食べるよ、巨大クマだけど(ロシア)
オンリーロシア?コグマが庭仕事を手伝う風景
道路を車で走っていたらクマとすれ違うロシアでみかけた光景
ヴォイテク:戦争に行った兵隊クマ。御褒美は大好物のビール(ポーランド軍)
本物の巨大クマと2人の美女がロシアの森で寄り添いあいながら魅惑のポーズ。狩猟反対キャンペーン

母を失った子グマを基地に引き取ったパイロット

 マンスールが初めて、パイロットたちと出会ったのは子グマのとき。

 2016年ロシアアムールオーブラスチにあるオルロフカ空軍基地近くの森をひとりでさまよっているところをパイロットアンドレイ・イヴァノフ(39)さんらに発見され、基地に引き取られた。

 通常なら常に母親に守られているのはずなのだが、彼の母親は撃ち殺されてしまったそうだ。

 愛くるしいマンスールは基地で人気者となり、パイロットたちから愛されながらすくすくと成長していった。


The sweetest aircraft enthusiast ever : Baby Bear Mansur

その様子は以前カラパイアでもお伝えしたかと思う。
・一方ロシアでは・・・飛行場にクマの子が迷い込んできたのでここで飼うことに。なんかすごく懐いているけどさ。 : カラパイア

マンスールを自然保護区に放すことにしたのだが...

 しばらく、この基地で飼われていたが、パイロットたちはもっとふさわしい場所で暮らす方がマンスールのためにいいと思い始めた。

 マンスールは人になれすぎてしまったため、野生に戻すという選択肢はなかったが、自然保護区なら、ハンターや密猟者から守れるし、監視してくれる職員もいる。

 そこでイヴァノフさんらパイロットたちは、地元の然資源・生態環境局の職員にお願いして、セリガー自然保護区に連れて行ってもらうことにした。

 ところが...

 マンスールの様子が一向に伝わってこない。職員にたずねても、うまくはぐらかすばかりで、今彼はどうしているかなどをまったく教えてくれなかった。

1度目に保護された当時のマンスールとパイロットたち

Meanwhile in Russia: Mansur the bear lives at an airfield

マンスールは見世物小屋に送られていた

 そこでパイロットらは、独自にマンスールのことを調査してみた。
 すると衝撃の事実が発覚する。

 マンスールは保護区には連れて行ってもらえなかった。そのまま、カルガ地区にある悪名高い「クマ狩り」の本拠地に送られてしまっていたのだ。

 ここは、訓練された猟犬が、つながれたクマに襲いかかるのを見世物にする「クマ狩り」の場で、マンスールがとても劣悪な環境にいることがわかった。

パイロットたちによるマンスール救出作戦

 マンスールが鎖につながれ、獰猛なイヌに攻撃されているのがわかると、パイロットたちはすぐにレスキュー隊を結成してマンスールを救い出し、空軍基地に連れて帰った。

 マンスールはすぐにイヴァノフさんたちの顔がわかったようだった。抱きついてきて、父親代わりのアンドレイの膝で甘えたという。

 かわいそうにマンスールは、体は傷だらけでフンまみれのひどい状態だったが、歯やツメはまだ切られていなかったのは幸いだった。

 クマ狩り用のクマは、攻撃するイヌを守るために歯やツメを切って丸腰にされてしまうのだ。


Siberian Bear wants to wear cap

基地にシェルターを建て、冬眠の準備を

 基地に戻ってきたマンスールのために、パイロットたちはシェルターを建てた。そして万が一のときに備えて、人間を守るために電気柵を設置した。

 そして今、イヴァノフさんはマンスールに添い寝して冬ごもりの準備をさせようとしている。

マンスールを救い出した瞬間から、あの子をほかの誰かに渡すなど考えられなくなりました。みんなで力を合わせて、マンスールを守るための池つきの家を建てようと決めました。

ぼくたちは彼にとって本当に快適な場所を作ってあげたいのです。彼はぼくたちのチームの一員ですから

ロシア中のパイロットが支援

 最初に発見した時、マンスールはまだ小さく、イエネコくらいの大きさだった。だが今は、体重199キロ、立ち上がると180センチ、一日に20キロのエサを食べるという。

1_e

image credit:Andrey Ivanov

 最近、オルロフカ基地の囲いが手狭になったので、マンスールはもっと大きな基地の新居に一時的に引っ越した。

 ロシアじゅうのパイロットたちの支援のおかげで、イヴァノフさんは今、マンスールがずっと棲むことができる新たな囲いを建設中だ。

 必要に応じてマンスールを移動させることができる貨物専用コンテナも導入している。

クマの寿命は30~40年だけど、彼を見捨てるつもりはありません。この5年以内に基地でなにが起こるかはわかりませんが。

でもコンテナがあれば、マンスールをどこでも新たな場所に移動させることが可能です。彼にとって一番いい快適な場所を提供できるでしょう


 クマのマンスールとイヴァノフさんたちの様子はインスタグラムアカウントmansur.medved」で公開中だ。


References:The incredible story of the little orphan bear that was saved by the Russian pilot as a puppy/ written by konohazuku / edited by parumo

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

子供たちの遊び道具にちょうどいいわ。母ライオンがカメラマンから高価なカメラを奪っていきました(ボツワナ)
こわい。こわい。エスカレーター怖い。エスカレーターに尻込みする犬、飼い主さんに抱っこしてもらう。
子猫はみんな私の子。父性が炸裂、数十匹の子猫たちの親役をかって出たオスの元保護猫(アメリカ)
ハロウィンも近いし、ゾンビの手で猫をマッサージしてみた。
段ボールに穴をあけるだけ。お手製おもちゃで繰り広げる子猫たちのモグラたたき

―動画の紹介記事―

パイロットは2度同じクマを救う。彼らがかつて保護した子グマを永遠に面倒を見ると決意するまでの物語(ロシア)
子供たちの遊び道具にちょうどいいわ。母ライオンがカメラマンから高価なカメラを奪っていきました(ボツワナ)
夜の道路上に浮かび上がる不気味なリング状の発光物体(アメリカ)
こわい。こわい。エスカレーター怖い。エスカレーターに尻込みする犬、飼い主さんに抱っこしてもらう。
スイカがパカーンと割れちっち!工事現場でのヘルメットの重要性がよく分かる実験動画
パイロットは2度同じクマを救う。彼らがかつて保護した子グマを永遠に面倒を見ると決意するまでの物語(ロシア)