クライノベルの名手・永瀬隼介氏の最新作は、自身初となる経済ミステリー小説となった。世の中を欺き巨額の資金を集めるバブルモンスター。そこに立ち向かったのは、それぞれ別の思惑を抱える個性的な4人組だった。彼らは株式市場と報道の力を利用して巨大な犯罪を潰しにかかるーー。『特捜投資家』は優れたエンターテイメント小説というだけでなく、捜査機関が機能不全に陥り、疑惑まみれの人物が大手を振って跋扈する昨今の世情に対する痛烈な批判の書でもあった。(JBpress

JBpressですべての写真や図表を見る

取材に取材を重ねた労作

――事件をテーマにしたノンフィクション作品やミステリー小説を数多く手がけてきた永瀬さんですが、今作では謎多き個人投資家、元新聞記者、女性起業家、塾経営者というバックグラウンドの違う4人が、それぞれの思惑を抱えながら、企業犯罪の背後に潜む黒幕に迫るというエンターテイメント性の高い経済小説に取り組まれました。永瀬さんにとっても新境地となる作品ですね。

永瀬 僕の作品の熱心な読者の中には「書下ろしの新作がなぜ経済小説なんだ。ミステリーを書いてくれよ」なんて言われる方もいますが、僕は今回の『特捜投資家』は経済ミステリー小説に挑んだつもりなんです。

 今回、経済をテーマに作品を書いたきっかけは、担当編集者からアメリカの金融界を舞台にしたノンフィクション作品を手渡され「こういうものを書いてみませんか」と声をかけられたことでした。

 この数年、日本では企業のお金がらみの事件が頻発しています。東芝の不正会計事件もあったし、スルガ銀行がどうやら「主犯」だった「かぼちゃの馬車」の事件もありました。ところが大企業の不正に捜査機関が切り込むことはまれになったし、新興企業に対する行政機関や証券取引所のチェックも緩くなっている。

 それに最近は、企業とお金の問題に切り込んだ経済小説がなくなった。そこで、企業や投資の現場を取材し、それをもとに小説に仕上げたらどうかと。

 僕は週刊誌の記者として事件取材をメインにやってきた人間だし、フリーになってからも事件を扱ったノンフィクションや、クライノベルミステリー小説と呼ばれる作品を書いてきた。だから「自分に経済や金融の世界が書けるのか」と躊躇する気持ちもあったんですが、「そうか、お金に狂った怪物的な人間を描けばいいんだ。人間を描くという点ではこれまでの作業と同じじゃないか」と思い、やってみることにしました。

 髙村薫さんが書かれた『レディジョーカー』という作品がありますが、クライム小説の超一級品。上質なミステリー小説であり、経済小説としても楽しめる。今回の僕の小説も、ストーリーの中で事件も起こるし、謎解きもあります。そういう意味では経済ミステリー小説と捉えてもらってもいいし、クライノベルでもある。

 また確かに経済小説は初めてでしたが、金融や各産業分野の専門家に取材し、出来上がった原稿もその方たちにチェックしてもらっていますので、クオリティ的にはビジネスマンや経済小説の愛読者の方にも十分満足してもらえるという自負はあります。

――今作はもちろんフィクションですが、ここ数年の間に日本の経済や社会に起こったさまざまなトピックス――例えば電気自動車(EV)の開発競争や金融取引の実態、地下カジノの密かな勃興やSTAP細胞事件、派遣切り問題などを随所にちりばめ、巧みにストーリーを組み立てています。それぞれの取材も大変だったのでは。

永瀬 取材は本当にたくさんしました。

 週刊誌の記者を辞めた後、僕は『ゴルゴ13』の原作を書いていたことがあり、そこで最新の経済事情をテーマにするときには専門的な取材をしていました。ゼロエミッションエコカー開発をテーマにしたこともあります。

 それに週刊誌時代には1週間ごとに違ったテーマを取材し、独自の視点で斬ってまとめる、という処理は得意な方だと思いますね。

EV開発の現場はゴールドラッシュ状態

――『特捜投資家』には主人公たちと対峙する悪が登場しますが、そのモチーフの1つは、作中にも登場する「セラノス」でしょう。自分たちが独自開発した診断器があれば血液1滴で30種類の検査が瞬時にできるという触れ込みで巨額の資金を集めたのに、後にそれが虚偽であることが明らかになった、というアメリカで実際にあった事件ですよね。

永瀬 セラノスの創業者エリザベスホームズはスタンフォード大を中退した若くてきれいな女性でした。スティーブ・ジョブズに憧れ、いつも黒のタートルネックを着ていた彼女は時代の寵児となり、800憶円近くの資金を調達することに成功して、時価総額はあっという間に1兆円ほどに。

 ところが、セラノスが確立したと喧伝していた技術も診断器の存在も実は嘘でした。彼女の実像は、自己演出が巧みな大ボラ吹きだったわけです。

 同社には政財界の大物たちが出資したり社外取締役として名を連ねたりしていた。海千山千の彼らがコロッと騙されてしまうくらいですから、ベンチャー企業の実態を見抜くのは簡単ではないのでしょうね。

――『特捜投資家』はEV用の電池開発も大きなテーマになっています。この分野についても取材をされたと思いますが、さすがに現実のEV開発の現場には怪しげな会社が紛れ込んでいることはありませんよね?

永瀬 いやいや、分かりませんよ(笑)

 僕は週刊誌記者として駆けずり回っていたのはちょうどバブルの時代だったのですが、経済が沸騰してくると社会がお金に狂っていくんです。そこに詐欺師的人物が登場して、「これは新しい技術だ」なんて言うと、バッとお金と人が吸い寄せられていく。

 EVは今まさに沸騰している産業分野じゃないですか。そういう意味では、バブル期の日本経済に似たところがあるんです。

 これから伸びていく分野だから、「儲けられるかも」ということで世界中のいろんな人や企業が参入してきている。いわばゴールドラッシュのような時期ですから、欲に駆られた有象無象が紛れ込んでいる可能性だって十分ありますよ。『特捜投資家』はそういう企業が実際にあったらどうなるんだろう、という視点で書きました。

 実際に詐欺会社が紛れているかどうかはともかく、多くの参入者がひしめく競争の中からどこが生き残っていくかを見極めるのは至難の業です。自動車業界は100年に1度の変革期に突入していると言われていますから、いまEV開発の先頭を走っているアメリカテスラモーターズだって10年後にはどうなっているか分かりません。本書刊行直後にはCEOであるイーロンマスクが米証券取引委員会から証券詐欺罪で提訴されましたしね。それくらい先は読めない。トヨタホンダのような大企業も、「どこに投資するのがベストなのか、どこと組むのが正解なのか」と迷っているはずで、その判断を間違えると奈落の底に落ちてしまうかも知れない。それだけに取材する側からすれば、非常にスリリングで興奮するフィールドです。

善意のかたまりの人なんて世の中に滅多にいない

――不正に立ち向かう4人は、それぞれキャラクターが立っています。目標に向かって協力はするけれど、その先の目的は全く別だし、決して「盟友」と呼べるような関係でもない。

永瀬 有馬浩介という元新聞記者は社会部出身で、金融や経済の素人。その有馬が企業犯罪を追及するのは、別に純粋な正義感からではなくて、ジャーナリストとして名を上げたい、そして別居中の奥さんや子どもともう一度やりなおしたいという功名心と利己的な欲望のほうが大きい。

 個人投資家の城隆一郎にも強い正義感はありません。企業の不正を潰すことで最終的には金儲けができればいいと思っている。ほかのメンバーも大同小異です。

 純粋な正義感に突き動かされたわけではない4人が、たまたま出会い、結果的にインチキ企業を叩き潰す。そんな物語があったら痛快だろうな、と考えました。

 なぜこんなクセのある人物ばかりを描いたかというと、事件取材なんかやっていると、世の中に善意のかたまりみたいな人って滅多にいるものじゃないと分かるんです。否が応でも「誰もが欲と保身の中で生きている」と痛感させられる。ごくまれに善意のかたまりみたいな人と会うと、ついつい「裏の顔があるんじゃないか」なんて勘繰っちゃう。純粋な正義感ばかりの人のことを、むしろ気持ち悪い詐欺師なんじゃないか、と感じてしまうんです。職業病ですかね(笑)

 だから作品の中でも、正義感とか善意ばかりの人間ではなく、ひと癖もふた癖もある人物を中心に据え、それでもラストは読んでいてスカッとするものにしようと思って書きました。

――元新聞記者の有馬が、社会部記者らしいねちっこい取材をするシーンも印象的ですね。

永瀬 有馬の取材方法は僕にとっての理想です。とにかく愚直に歩く。そして話を聞く。それが取材の王道だと思っています。

 僕はこの作品のために多くの専門家にも会いましたが、同時に、作品に登場する街にも出向いて歩き回りました。ノンフィクションでは当たり前ですが、僕はフィクションを書く時にも舞台となる現場には絶対に行くことにしています。そこに行って、通りや商店街を歩き回り、どんな土地かなと考える。道幅はどれくらいか、通りの傾斜はどうなっているか、どんな匂いが漂っているか、どんな人たちが生活しているのか。これらは作品を生かす重要な要素です。その取材は手を抜かないようにしています。

 最近はネットで取れる情報が飛躍的に増えているので、若い記者の中にはパソコンの前で情報収集している人が増えていると言われていますが、やっぱり足で稼がないと取れないネタもある。若い記者に対して、「とにかく取材は足だ」ということも伝えたかった。

――設定やディテールはしっかり作られていますが、文章のタッチはこれまでの永瀬作品と比べてかなり軽やかな印象ですが、その狙いは。

永瀬 せっかくキャラの立っている登場人物がいるので、彼らが自由に動き回る、軽快でリズムカルな小説にしようと。そのために文体を工夫しました。もう一つは、これまで経済小説を読んだことのない若い読者にも手に取ってほしいと思ったからです。僕の作品には珍しく、コミックタッチイラストを表紙にしてもらったのもその狙いからです。

 純粋なエンターテイメントとしても、社会の実相を知る手段としても、経済小説には大きな可能性があります。これまで僕の作品を読んだことのない読者にも手に取ってもらえたら嬉しいです。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  世界一不気味なロシア遭難怪死事件に挑む

[関連記事]

日本企業は、哲学がないまま生き残ってしまった

病院内リスクマネジメントならこの人に!