架空の英王室一族をスキャンダラスに描く『The Royals ザ・ロイヤルズ』でロバート王子を演じたマックスブラウンが、現在製作が進んでいる『ダウントン・アビー』の映画版に出演することがわかった。米Deadlineが報じている。

【関連記事】【使用人編】『ダウントン・アビー』出演者は今?

現在37歳のマックスは『The Royals』のほかにも、アクションドラマ『ビューティ&ビースト美女と野獣』のエヴァン・マークス役や、歴史大作ドラマ『THE TUDORS ~背徳の王冠~』のエドワードシーモア役、『エージェント・カーター』ペギーカーターの兄マイケル役に扮するなど、多くのドラマで活躍するイケメン俳優。マックスが『ダウントン・アビー』でどのような役を演じるかはまだ明らかになっていない。

以前当サイトでもお伝えしたが、映画版からの新キャストとして発表されているのは、イメルダ・スタウントン(『ハリー・ポッター』)、ジェラディンジェームズ(『アンという名の少女』)、サイモンジョーンズ(『OZ/オズ』)、デヴィッド・ヘイグ(『アガサ・クリスティー 検察側の証人』)、タペンス・ミドルトン(『センス8』)、ケイトフィリップス(『ウルフホール』)、スティーヴン・キャンベル・ムーア(『HUNTED/ハンテッド』)ら。

オリジナルキャストからは、ヒュー・ボネヴィルグランサム伯爵役)、エリザベス・マクガヴァングランサム伯爵夫人コーラクローリー役)、マギースミス(先代グランサム伯爵夫人バイオレット役)ペネロープウィルトン(マシューの母イザベルクローリー役)、ミシェル・ドッカリー(長女メアリー役)、ローラカーマイケル(次女イーディス役)、ハリー・ハデン=ペイトン(バーティ・ペラム役)、アレンリーチ(トム・ブランソン役)、マシュー・グード(ヘンリータルボット役)、ジム・カーター(元執事チャールズ・カーソン役)、フィリス・ローガン(家政婦長エルシー・ヒューズ役)、ブレンダン・コイル(元伯爵付従者ジョン・ベイツ役)、ジョアン・フロガットメイド長アンナ・ベイツ役)、ケヴィン・ドイル(ジョセフモールズリー役)、レズリー・ニコル(料理長ベリル・バットモア役)、ソフィー・マクシェラデイジー・メイソン役)、元副執事トーマス・バロー役のロブ・ジェームズコリアーらが続投。

TVシリーズ版でメガホンを取っていたマイケル・エングラーが監督を務め、クリエイタージュリアン・フェロウズが脚本を手掛ける映画版は、北米では2019年9月20日(金)、その他の国では1週間前の9月13日(金)の公開を予定している。(海外ドラマNAVI

Photo:『ビューティ&ビーストマックスブラウン
TM & (C) 2014 CBS Studios Inc. All Rights Reserved.
CBS and related logos are trademarks of CBS Broadcasting Inc.
All Rights Reserved.TM, (R) & Copyright (C) by Paramount Pictures. All Rights Reserved.