9月29日放送の「世界一受けたい授業」で平岡和徳氏(大津高校サッカー部総監督・宇城市教育長)が出演。
番組の反響により、平岡氏の教育論・指導哲学に迫った「凡事徹底――九州の小さな町の公立高校からJリーガーが生まれ続ける理由」(井芹貴志著)の増刷・第6刷が決まった。
本書は平岡氏の番組出演を受け9/25に第5刷を大増刷したばかりである。
https://www.naigai-shop.com/SHOP/731721.html

◆子育てでも会社でも使える教育法!!

授業のテーマは「子育てでも会社でも使える!無名のサッカー部を全国大会常連校に変えた教育法」。

「技を覚える前にまず目と耳を鍛える」
サッカーが上手になるためにはまず生活習慣を改めよ」
「感動する心と感謝の気持ちが大切」
「物事に終わりを決める」
子どもに本物を見せると本気になる」

と平岡氏が本書で紹介している指導法について講義。
http://www.ntv.co.jp/sekaju/onair/180929/01.html

◆売り上げランキング急上昇!!

組織運営・人材育成をテーマにした授業はサッカーという枠を超えて放送後、早々と「子育て」「時短」「教育」といったテーマで番組の内容のまとめ記事が立て続けにアップされ、その日のうちにアマゾンや楽天ブックスといったweb書店で「凡事徹底」の売り上げランクが急上昇。これを受けて、第6刷の増刷が決定された。
書店でも大々的に展開中。(秋葉原・有隣堂)
(紀伊國屋新宿本店)
テレビでは紹介しきれなかったノウハウ、取り組みが満載

本書では番組では紹介しきれなかった「個性を伸ばす」「子供が安心できる場所を作る」「オープンマインドの姿勢」「常識にとらわれない」「子供たちの未来に触れている感覚」といったノウハウが満載。

平岡監督のルーツにも迫っており、教員である父、セルジオ越後氏、古沼貞雄氏(前帝京高校監督)、田嶋幸三氏(現日本サッカー協会会長)といった人物からの学びについても取材。

また「大津高校サッカー部・前史」として平岡氏赴任前に大津高校サッカー部の礎を築いた方々も紹介。
さらには大津高校だけでなく熊本全体のサッカーレベルを上げるべく尽力する平岡氏の取り組みについても触れ、地域・家庭・学校が三位一体となって子供を育む、地域スポーツの理想形が描かれている。

番組を見逃した人だけでなく、番組を見た人にもおススメの1冊である。
◆時短生活のススメ
世界一受けたい授業! 大津高校サッカー部平岡監督の教育法!凡事徹底が大切!」

https://www.researchuseonly.com/archives/4564

配信元企業:株式会社 内外出版社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ