水泳部

sportpoint/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

日本大学水泳部の当時1年生の選手が、東京・目黒区内の学生寮と隣接するプールの女子更衣室で、首吊り自殺していたことを『文春オンライン』が報じた。

公にされたショッキングな事案に、インターネット上が騒然となっている。

■1年生が女子更衣室で首吊り自殺していた

『文春オンライン』によると、2016年7月、A選手が自殺を図ったことを受けて、当時は警察当局の捜査が入る異例の事態となったものの、この事案が公にされることはなかったという。

A選手は水泳部の寮で生活しており、その日の朝も通常通り練習に参加していたのだそう。しかし、昼前に女子更衣室で緑色の延長コードのようなもので首を吊った状態で発見されたという。

水泳部の上野広治監督は、当時部員に対して詳しい説明はせず。A選手の自殺を「部外秘」とし、寮の学生は外出禁止、さらにSNSの更新を禁止する指示だけが徹底されたという。

■選手の自殺認めるも「原因は分からない」

上野監督はその後A選手の自殺を認めたうえで、A選手の自殺の原因については「警察も大学も調べたが分からない」とし、水泳連盟にも報告したが、遺族から「事故扱いにしてほしい」との申し出があったと明かしている。

上野監督自身は、休部や活動停止も考えたそうだが、遺族から「翌朝から通常通り練習してほしい」と言われたため、練習も試合も続けてきたのだそう。

■池江璃花子選手を心配する声が相次ぐ

日大水泳部と言えば、ジャカルタアジア大会6冠でMVPに輝き、2020年東京五輪での活躍が期待される、競泳・池江璃花子選手が、同大のスポーツ科学部のAO入試に合格したことが、偶然にも同日に報じらている。

相次ぐ不祥事の発覚に、インターネット上では池江選手を心配する声が相次ぐ。

・池江選手のAO入試合格のタイミング文春砲

・こんなとこに池江さん入るのか…! 大丈夫なんかな

池江璃花子さんには日大に行ってほしくない。こんな所で練習させるのはかわいそうだ

・疑惑があるなら、隠さずに調べて改善すべき。日大には、もうゲッソリだ! 池江さんを進学させてもいいのか疑問

最悪なタイミングでの報道に、「池江選手を日大に進学させて大丈夫なのだろうか」といった不安の声が後を絶たない。

■3年生の暴力事件も発覚、今後の対応は

同大水泳部については、9月27日発売の『週刊文春』(文藝春秋社)にて、3年生が2年生をリンチしたとする事案が報じられたばかり。報道を受けて、上野監督は記者会見で謝罪していたものの、今回の報道を受けて今後の対応に注目が集まる。

池江選手の合格と時を同じくして報じられてしまった、あまりにも痛ましい事案。日本代表として世界の舞台で戦う選手を育てる場として、ふさわしいクリーンな環境や体制が整えられることを願いたい。

・合わせて読みたい→悪質タックル問題、内田前監督の自供テープ報道 「正しい文春砲」に称賛相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

日大・水泳部で1年生の首吊り自殺が発覚 池江璃花子選手を心配する声が相次ぐ