2018年10月2日に開幕したパリモーターショーにて、BMWがその中心モデルといえる「3シリーズ」の新型モデルを発表しました。

3シリーズといえばプレミアムゾーンの中型スポーツセダンベンチマークともされる一台ですが、ひとめでダイナミックな意匠になったボディは全長を85mm伸ばし、全幅を16mm拡大、それでいて全高は1mm高にとどめるなどスポーティなプロポーションを進化させています。

詳細画像はこちら

ホイールベースも41mm伸びていますが、BMWの伝統といえる前後重量配分50:50というウェルバランスキープしています。前後の灯体もアグレッシブな形状となり、強い顔つきとなっていますが、エアロダイナミクスは上々で、新型3シリーズのCd値は0.23~0.26と非常に高いレベルになっています。

エンジンは4気筒ガソリンと4気筒/6気筒のディーゼル。馬力ゾーン110 kW(150 馬力)から 195 kW(265 馬力)の範囲、さらに年内にはスポーティ版のMパフォーマンス、電動車両ムーブメントに対応したプラグインハイブリッド車もローンチされる予定となっています。

欧州での発売予定日は2019年3月9日スマートフォンをスマートキーとして活用できるという新しいアイデアの操作感も気になる注目のニューモデルです。

(写真:小林和久/BMW 文:山本晋也)

【パリモーターショー2018】BMW・3シリーズがフルモデルチェンジ(http://clicccar.com/2018/10/04/636123/)