「2人きり」という状況は、やっぱり男女の仲を一瞬にして縮めてくれたりするものです。

だからこそ、そこでおかしな行動を取ってしまうと「俺には興味ないんだな」なんて誤解を与えることにもなりかねません。

そこで今回は、男性と「2人きり」のときにやってはいけない行動を紹介します。

「他の誰か」を呼ぶ

せっかくの2人きりの状態のときに、「○○ちゃんたちも呼ぼうか」などと言うのは、絶対にやってはいけないこと。

「俺と2人きりじゃ嫌なんだな」と、確実に男性をガッカリさせてしまうことになります。

2人きりでは緊張してしまったり、盛り上げる自信がないからとそんな行動を取ったりもするのかもしれません。

でも、そんな思いは男性には伝わらないですし、仮に伝わったとしてもショックを受けることには変わりないので「2人きり」を壊そうとするのは禁止行為ですよ。

「無言」になることが多い

好きな男性と2人きりになったら、緊張は最大限に大きくなるので、いつも通りの思うような行動は取れなくなるでしょう。

その気持ちはすごくよくわりますが、とはいえ「無言」になってしまうのはさすがにNG。

無言になると場の空気も一瞬にして悪くなるし「俺といてもつまんないのかな」と男性に思わせてしまいます。

何を話せばいいのかわからないときには、せめて男性の話にちゃんと大きめなリアクションを取るなどするだけでも、雰囲気を大きく変えることができますよ。

「いない人の話」ばかりをする

せっかくのふたりだけの時間なのに、「いない人」の話ばかりをしていたら、2人きりでいる意味もなくなってしまうかも。

例えば、同じ職場で働いているふたりだったら、上司や同僚の話をする機会も多いでしょうが、それではいい雰囲気にもなりにくいでしょう。

また、特定の男性の話ばかりをしていたら、「そいつのことが好きなんじゃないの?」なんて誤解をされる危険性もアリ。

他の誰かではなく、目の前にいる男性に興味を示すような話をたくさんするようにしないと「また誘いたい」とも思ってもらえなくなりますよ。

すぐに「終わらせようとする」

好きな男性との2人きりの時間は、ものすごくうれしい反面、ドキドキしすぎて耐えられないような気持ちにもなるかも。

だからといって、不自然に早く切り上げようとしたら、男性からすると嫌われているとしか思えないでしょう。

ダラダラと無駄に長く一緒にいようとするのもよくないですが、逃げるかのように終わらせるのは最悪の行為。

「もう少し一緒にいたいな」と感じるくらいのところで終わらせるのがベストなので、それはちゃんと意識するようにしてくださいね

おわりに

気になっている男性と「2人きり」になると、間違いなく緊張をするでしょう。

でも、ふたりの関係性を発展させる大きなチャンスでもあるので、それを逃すような行動は取ってはいけませんよ。

(山田周平/ライター

(愛カツ編集部)

shutterstock_164329655 (1)