「ITAN」(講談社)で連載されていた落語界が舞台の漫画「昭和元禄 落語心中」2016年にはテレビアニメ化もされ、落語人気をさらに押し上げた作品と言っても良いでしょう。そして今年7月についてNHKでの実写テレビドドラマ化が発表されました。

そのテレビドラマ「昭和元禄 落語心中」がいよいよ来週10月12日(金)に放送スタートします。ドラマ化発表時にもお伝えしましたが、内容は八雲と助六篇メインスタートとなります。

第1回放送を前に、主要キャストあらためて紹介します。

八代目 有楽亭八雲(菊比古)…岡田将生

八雲を演じる岡田さんは、八雲の10代から老年までを演じます。

有楽亭与太郎…竜星涼

小夏…成海璃子

みよ吉…大政絢

有楽亭助六(初太郎)…山崎育三郎

第1回放送は、与太郎が八雲に弟子入りを許され、八雲の家に住み込みをするうちに、養女・小夏と八雲の不仲を知り、そこには小夏の実の父である助六との事情も関係していたことが明らかに。

落語を題材にした作品ということで、八雲を演じる岡田さんの落語シーンを楽しみにしている人も少なくないかと思いますが、落語監修には落語家柳家喬太郎師匠が参加しています。

NHKドラマ「昭和元禄 落語心中」は2018年10月12日(金)スタートNHK総合で毎週金曜 よる10時から10時44分の連続10回放送となります。

 

昭和元禄落語心中 – NHK

画像:公式ホームページより

関連画像