『ウォーキング・デッド』シーズン9は、海外ドラマ・エンターテインメント専門チャンネルFOXにて、2018年10月8日(月・祝)22時から放送開始!
『ウォーキング・デッド』シーズン9は、海外ドラマエンターテインメント専門チャンネルFOXにて、2018年10月8日(月・祝)22時から放送開始!

日本では10月8日(月・祝)からFOXチャンネルにて放送される『ウォーキング・デッド』シーズン9! だがここまでで、すでに通算115話もあるため、今から見る気力が湧かないという人もいるはず。

そこでシーズン9からでも楽しめるように、前シーズンまでを「即わかり川柳」で解説した前編に続き、9つのキーワードで解説!

* * *

アメリカで最高視聴率記録を何度も更新している『ウォーキング・デッド』シリーズ。最新作となる「シーズン9」が日本でも10月8日から放送されるとあって、さらなる盛り上がりをみせている。

物語は、ひと言で言ってしまえば"ゾンビもの"。

ウォーカー」と呼ばれるゾンビがはびこる世界で、主人公たちがどう生き延びていくかを描いているのだ。

日本でも大ブームを巻き起こし、安倍首相ファンであることを公言するなど、多くの話題を振りまいているため、気になっている人も多いはず。

だが、いかんせん、長い!!

そこで、いきなりシーズン9から見ても楽しめるように、週プレ的な見どころを9つ紹介。これさえ読めば、シーズン8までの大筋や雰囲気が、ソッコーで把握できるぞ!

* * *

【週プレ的見どころ1】ゾンビのグロエグい描写は世界最高峰!

ゾンビであるウォーカー役を演じるのは、当然、生身の俳優たちなのだが、ともかくキショすぎるっ!

ドロォォとただれた皮膚がはがれる描写や、ズリュリュッと臓物がこぼれ落ちていくシーンなど、特殊メイクやCGとわかっていても、自分の胃液が込み上げてくる感じがするほど......。

けど、ウォーカーたちのディテールにまで目を凝らすのも楽しみ方のひとつ。例えば、劇中の年月が経過すると腐敗が進んでいたり、海辺で徘徊(はいかい)しているゾンビにはフジツボが付着していたりと、芸が細かいのである。

グロ描写も本作の醍醐味。井戸に落ちて水膨れしたこのウォーカーの末路はエグかった
グロ描写も本作の醍醐味。井戸に落ちて水膨れしたこのウォーカーの末路はエグかった

【週プレ的見どころ2】生き残るためならゾンビの腐肉をまとう

ウォーカーは視覚や嗅覚で生者か同類かを判別するため、ウォーカーから逃れる方法としてある策が編み出される。

それは......ウォーカーの血や腐肉(ふにく)や臓物を、自らの体中に塗りたくるというもの!

倒したウォーカーの血や腐肉を手に取り、半べそをかきながら、仲間同士で塗り合っていく。映像なので当然においはないが、見ているこっちの鼻が曲がりそうになるほどの嫌悪感を覚えるシーンだ。

それだけ過酷なサバイバル世界だということでもある。

【週プレ的見どころ3】無力だった彼・彼女の成長譚でもある!

劇中内の年月はシーズン1から何年も経過しているため、主人公の息子は少年から青年へ。守られるだけだった彼が、大人同様に見張り役を任されたり、敵ボスにひるまず対峙(たいじ)したりするシーンなど、その成長に感動する。

その息子以上に成長著しいのが、主婦のキャロル。初登場時は夫からDVを受け、あまり自分の主張ができないか弱い中年女性にすぎなかったのだが......後に最強スナイパーに覚醒っ!

主人公たちの絶体絶命ピンチに、遠隔からのライフル狙撃でクールに救出するシーンは鳥肌ものだ!

【週プレ的見どころ4】最強3人衆の無双化&共闘が激熱

棒術を使いこなすモーガンや、日本刀で敵を切り倒すミショーンも強い。

だが、主人公コミュニティの最強3人衆といえば、リック、ダリル、キャロルだろう。

リックの暴走グセは玉にキズだが、キレた状態で無双化し、ひとりで何十ものウォーカーを倒していくキレキレのシーンは、ある意味、必見。

リックとダリルのバディものの王道をいくような、最強タッグの頼もしさにも注目だ。

ちなみにシーズン5で、リック、ダリル、キャロルが3人だけで密談するシーンがある。か弱い主婦だったキャロルが、ふたりから"戦士"として信頼され、"最強会談"に参加しているシーンは、ひそかに胸アツなのである。

【週プレ的見どころ5】ゾンビそっちのけで生者同士の醜い争い

シーズン1、2でもグループ内の対立は描かれたが、シーズン3以降は別コミュニティとの争いが描かれることに。

極論、ウォーカーはこの世界を混沌(こんとん)化させた"装置"としての役割だけとなり、物語の焦点は生者同士の抗争に当てられていくのだ。

略奪、惨殺が繰り返される生者同士のエグい争いを見ていると、なんだかんだで一番怖いのは人間(生者)という結論に至る......!

そう、ただのゾンビものではないのだ!

【週プレ的見どころ6】最凶の敵も王様も元は普通の社会人

シーズンを重ねるごとに、主人公コミュニティ以外の勢力がいくつも登場し、対立するところもあれば、同盟を組むところも出てくる。

とはいえ、残虐の限りを尽くす最凶の敵であり、コミュニティ"救世主"のボスであるニーガンや、本物の虎を引き連れて中世の王様のようないでたちでコミュニティ"王国"を統治するエゼキエルも、元は普通の社会人

ニーガンは体育教師や中古車セールスマン、エゼキエル動物園の飼育員と、世界がウォーカーであふれる前は普通のお仕事をしていたのだ。

シーズン6から登場する敵、ニーガンも以前は体育教師や中古車セールスマン
シーズン6から登場する敵、ニーガンも以前は体育教師や中古車セールスマン

【週プレ的見どころ7】子供にも容赦なし。日本にない残酷描写

近年の日本の映画やドラマでは、幼い子供への残酷な表現は暗黙の了解タブー化されているが、本作ではそんな配慮は一切なし。主要キャラの子供であろうが、容赦なく"退場"させられるのだ。

特に、行方不明になってみんなで必死に捜索していたキャロルの娘が、あんな形で再登場するなんて......!!

子供だろうが容赦ない扱い。日本のドラマじゃきっとムリ
子供だろうが容赦ない扱い。日本のドラマじゃきっとムリ

【週プレ的見どころ8】人間性、完全崩壊! サイコに狂う人々

秩序がなくなり極限状態に陥った人間の心理を、生々しく描くのも本作の特徴。

安住の地のように偽装し、おびき寄せた人々を人体解体場で処理して、食料とする人肉食の一派も登場。人間性はこうも簡単に崩れるのかと、ドン引きしたものである。

また、主人公コミュニティにいたかわいい少女の姉妹は死生観が崩壊。ウォーカーに餌づけして鬼ごっこしたり、挙句には姉が妹をウォーカーにしようと無邪気に殺し......絶句である。

【週プレ的見どころ9】主人公降板で新章が始まるシーズン9!

放送開始直前のシーズン9は、シーズンラストから年月が経過。ゾンビの皮をかぶった残虐な新集団が登場することが予告されているが、何よりも衝撃なのは、主人公リック役のアンドリューリンカーンが、シーズン9を最後に降板するとの発表だ!

リックに代わり、誰が物語の主人公となるのか?

要するに、シーズン9は新たなる物語の幕開けの章ともいえるため、そういう意味でもシーズン9からいきなり見たって問題なしなのだ!

(C)2018 AMC Network Entertainment LLC. All rights reserved.、(C)2017 AMC Film Holdings LLC. All Rights Reserved.、(C)2016 AMC Film Holdings LLC. All Rights Reserved.、(C)2014 AMC FILM HOLDINGS LLC.、(C)2013 AMC Network Entertainment LLC. All rights reserved.、(C)TWD productions LLC Courtesy of AMC、(C)AMC Film Holdings LLC.、(C)AMC/Frank Ockenfels 3、(C)Matthew Welch(slash)AMC、(C)Gene PageAMC

取材・文/昌谷大介[A4stdio

『ウォーキング・デッド』シーズン9は、海外ドラマ・エンターテインメント専門チャンネルFOXにて、2018年10月8日22時から放送開始!