オートバイの免許を持っている方なら、ロコがハーレーで走るのを見てうらやましく思ったことはないでしょうか。
今回はアメリカが誇るハーレーを中型免許でレンタルでき、ツーリングも楽しめるハワイオートバイ事情をご案内します。

ハワイでは日本の中型免許でハーレーに乗れる



[caption id="attachment_64619" align="alignnone" width="840"]

ハワイでは、レンタカーと同じように日本の免許証でオートバイを借りて運転できます。(パスポートの同時携帯は必要)。

しかも日本では、中型免許証で400㏄以下のオートバイまでしか運転できないですが、ハワイではアメリカが誇るあの「ハーレー・ダビッドソン」の運転が楽しめます。


とはいえ中型免許で借りられるハーレーのうち「ヘリテイジソフテイル」という車種は、車重300㎏を超える大きさ(重さ)です。
中型免許所持者で大きくて重いオートバイに乗ったことがなければ、ショップで相談して「XL1200X・フォーティーエイト」や「XL883N・スポーツスターアイアン」などの扱いやすい車種にした方が、安心してハーレーを楽しめます。



レンタルオートバイなら「チェイス ハワイ・レンタルズ」で決まり





ハワイオートバイレンタルするのなら、10年以上の実績と信頼を持つチェイス・ハワイ・レンタルズがおすすめです。
ワイキキに宿泊していれば歩いて行け、日本語で手続きすることも可能です。

また借りられるオートバイも「ハーレー・ダビッドソン」をはじめ「インディアン」や「トライアンフ」などの最新型ばかり!
オートバイが好きな僕もどれにしようか迷ってしまいます。
スタッフオートバイに関する知識だけでなく、おすすめのコースや峠道などもよく知っていて案内してくれるので、色々と聞いた方がレンタルオートバイを楽しめますよ。



ハワイ流で楽しめるが、注意点も!





ハワイではハーフパンツオートバイに乗っているロコも見かけたりしますが、おすすめしません。
大型のオートバイエンジンの熱量が多く、ハーフパンツのほうが逆に暑いですし、エンジンマフラー(排気管)で膝やふくらはぎの辺りをやけどすることもあるからです。

パットが入った革のパンツとはいいませんが、フルレングスのジーンズならハーレーにも雰囲気が合うでしょう。

ヘルメットは安全のためだけでなく、ハワイでありがちな突然の雨に便利です。
紹介した「チェイス・ハワイレンタルズ」で無料レンタルできるのでぜひ利用するようにしましょう。


道が解らなくなった時、スマホはマストです。
できればフル充電したモバイルバッテリーと共にウエストバッグに入れていけば、困る事は無いでしょう。


せっかくのハワイでのハーレーですから、のんびりと他の車の流れに合わせて運転しましょう。
気持ちいいからと車の間を縫って走らないように、マナーを守ってハワイでライディングを楽しみましょう。


温暖な気候で自由な雰囲気のハワイには、ハーレーインディアンなどのオートバイが似合います。
女性が楽しめる車種もあるので、オートバイが好きな方はハワイ海岸線ハーレーツーリングしてみてはいかがでしょう。

ハーレーでハワイをツーリング♪