一ノ蔵は、宮城県ベンチャー企業の先駆けだ。創業は1973(昭和48)年。当時、内の日本酒出荷量はピークを迎える。一方、大手日本酒メーカーが安いを生産し始め、小さな蔵の経営が苦しくなっていった時期でもあった。

【写真を見る】一ノ蔵で年間使う米は2万6000俵。米は大型の蒸し器を使って蒸し、手作業でコンベアに運ばれる

大手メーカー販店に、何本買えばもう一本おまけに付けますよ、ということをやる。得意先もどんどん大手メーカーの仕入れを増やした。そんな状況のなか「このままではやっていけない!」とをあげたのが一ノ蔵の創業者たち、当時2030代の若手蔵元だった。「新しい会社をつくろう。品質で勝負して、いいをつくろう」と。

10の蔵にをかけて、残った4つの蔵が一ノ蔵を創業した。仙台浅見商店、竈(しおがま)の勝来(かちき)造、矢本(現・東松島)の桜井造店、松山(現・大崎)の松本造店。

どの蔵も地域に根付いた老舗だったが、自らの蔵を閉じてそれぞれの商権を持ち寄り、新しい会社に勝負をかけた。社名は、地元の河北新報社で募。宮城県の人たちに着を持ってほしいという想いからだ。

「『一ノ蔵の一は、オンリーワンワンだ。ナンバーワンよりオンリーワンだと言い出したのは、あのヒット曲より自分たちのほうが先なんだ』というのが、のお決まりのセリフでした」と笑うのは、代表取締役社長鈴木整(ひとし)さん。4人の創業者たちの子どもの世代、いわば第2世代のひとりだ。

「起業したはいいものの、売れない。3、4年は役員報酬が出ず、代々の土地や建物を売ってつないだとは言っていました」。

仙台の繁を全社員で「ローラー営業」したこともあったという。そのかいあってか、徐々に売り上げは伸びていく。

そんななか、一ノ蔵の名を全に知らしめた『一ノ蔵 (むかんさ)』が生まれた。当時日本酒は、アルコール度数や質によって一級、二級を定めるという級別制度がとられていた。しかしこの基準は、品質に紐づいたものではなかった。

も、酒税矛盾について話すことがずいぶん多かった。東京の一級より、地方の二級の方がうまいのはおかしいって」。

この想いから誕生したのが『一ノ蔵 』だった。ラベルには、級を定める酒税矛盾に対する想いを書き連ね、「このを最後に鑑定するのはお客さまご自身です」と締めくくった。これが受けた。1977(昭和52)~78(昭和53)年のこと。地ブームの追いも受け、一ノ蔵の名前は全に広がった。

日本酒近代史の本を読んでいると、一ノ蔵の名前が2回登場するんです。1回は、『時代』を切り拓いたとして。もう1回は『発泡清酒』をつくった蔵としてです」。

歴史を動かす「革新」を20年かけて「伝統」にする

今でこそ一般的になってきたが、シャンパンのように泡があがる発泡タイプ日本酒も一ノ蔵が時代の先を切った。契機は現社長(鈴木和郎)のヨーロッパ旅行ドイツでまだ炭酸が残っている生ワインをのみ、ベルギーでまるでワインのようなビールをのんだことだったという。

それまでのに対する概念が崩れた。じゃあ、ワインのような日本酒もつくれるのではないか。ワインビールの製法を取り入れ、炭酸を加えずに発泡する日本酒をつくることに成功した。それが『一ノ蔵発泡清酒 すず音』で、2018年で発売20周年を迎えた。

「仕込みを木からホーローにしたのだって革新ですし、そもそも現在のような大きなを使うのだって、伊丹蔵の革新でした。毎日工夫し続けること。それが10年20年続けば伝統になるんです」。

そんな想いで革新を続けた一ノ蔵が今、を入れているのが「純」だ。「さまざまなお酒をつくり続けるなかで、原点である純を、お客さまにおすすめするのを忘れているのではないか、自分たちの自信のをしっかり売っていこうという気持ちで2018年『絶対純宣言』を打ち出しました」。宮城は純の県だ。純の出荷割合は全では約10パーセント宮城県は約37パーセントと突出して高い。

「純は、ハレの日のではありません。食事と一緒に味わう日常です。暮らしの中で味わえるがしっかりした味わいであればあるほど、将来的に日本酒の消費量につながるのではないかと考えています」と鈴木社長は言う。

「『絶対純宣言』の『絶対』は絶対評価の『絶対』です。この純が、お客さまの中で基準となるようなになればと思います」

杜氏門脇さんもこのを入れている。

「純日本酒の原点です。食べ物との相性がよく、クリアでキレがよい日本酒らしい日本酒にしていきたい。このをのむと一ノ蔵だなとわかるような、素直で若々しい味わいを大切にしていきたいと考えています」。

造りに大切なのは、土、、そして人

一ノ蔵には農業部門『一ノ蔵農社』がある。きっかけは1993(平成5)年の冷だった。前年に新しい蔵を建て、量を仕込めるようになったが、冷で肝心のがない。原料の大切さをあらためて痛感した。

契約栽培の農家と『松山研究会』を立ち上げ、特別栽培をつくり始めた。農業試験所の役割も担い、栽培技術を蓄積し、情報提供も行っている。栽培できなくなった休耕田を一ノ蔵に任せたいという農家の申し出も増えてきた。

大崎地域の農業は、2017年世界農業遺産に認定されました。これからも農地をよりいっそう大切にしていきたいと考えています」と鈴木さんは話す。

「土を育て、土を育てることが、よりよいにつながっていくんです」。総杜氏門脇さんも「土地のの味わいを表現したい」と言う。

宮城でつくったというだけでなく、空気も、そして人も、オール宮城でつくったで評価を受けたいと思っています」。

鈴木さんの想いも同じだ。

「人が育たないところに、よいはない。蔵に生まれたたちからも、働いてくれる人たちは家族のように大切にしろと口をっぱくして言われました」。

一ノ蔵は2018年宮城県で初めてユースエール認定を受けた。若者の採用や育成に積極的な企業に与えられる賞だ。「いわばホワイト企業のお付きをいただいたようなものです」と鈴木さんはおどけるが、時間は不規則、重労働も多い造りにおいて、画期的なことだ。

現在、常勤スタッフのほかに約40人の蔵人がいる。最盛期のからにかけて、シフト制の24時間体制で作業にあたるが、その分閑散期にまとめて休みをとれるシステムを採用した。

一ノ蔵を見学すると、若い蔵人がイキイキと働く姿をにすることができる。杜氏になりたい、造りを学びたいという若者があとを絶たない。一ノ蔵のマークは、人という文字が4つ集まってできている。人が挑戦し、人が支え合う。理念は次世代へとつながる。

KADOKAWA刊『会いに行ける蔵ツーリズム 仙台宮城』より(東京ウォーカー(全版)・栗原

『一ノ蔵 特別純米酒 辛口』。「毎日味わえる、一ノ蔵の基準となるような味わいを」という想いがこもっている。大崎の風土と縁が生んだ酒だ