中国メディア東方網は5日、日本弁当を食べてそのまずさに後悔したとする中国人観光客の話を紹介する記事を掲載した。

 記事は「先日、ある中国人観光客が日本列車内で1000円の弁当を食べた。パッケージの美しさによる好奇心から買って食べたのだが、直ちに吐きそうになったという。それはなぜか」とした。

 そして、中国人観光客が1000円を払って食べたのが「地方の特色を生かした牛肉弁当」だったとしたうえで、「日本の食べ物の多くは冷めているものであり、特にコンビニや一部の飲食店では冷めた食べ物が供される。この牛肉弁当も温められておらずに冷めていたほか、牛肉全に火が通っていなかったようで、血なまぐさい味がしたとのことである」と伝えている。

 「弁当が冷めている」というのは日本では決してしいことでもなく、駅弁であれば特に違和感なく食べられる。しかし、中国の人にとって「冷めた飯」は食べ慣れず、おいしく感じることも少ないようである。牛肉の火がちゃんと通っていなかったというのは、常識的にはちょっと考えにくい。もしかしたらローストビーフ弁当を食べて「このは火が通っていない」と感じた可性も否めない。

 記事は、この中国人観光客が「お金を払って気持ち悪い思いを買ってしまった」と思うとともに、日本グルメは実はみんなそのようなものではないのかと疑うようになったと紹介。一方で、なおも多くの中国人観光客が日本グルメに対して高い評価を持っているとした。

 この観光客の話だけでは、不幸にも日本人が食べてもまずいと思う弁当と遭遇してしまったのか、食習慣の違いから「気持ち悪い」と思ってしまっただけなのかはっきりしない。しかし、中国ネット上で日本駅弁や食べ物が日々もてはやされ、一部神話化している昨今、日本にも「そうでないもの」があるということを理解してもらうという点では、この話も意義があるかもしれない。(編集担当:今関忠)(イメージ写真提供123RF

素晴らしいと絶賛される日本の弁当、食べてみたら吐きそうになった・・・なぜ?=中国メディア