10月2日、がんになっても働き続けるための取り組みを進める企業の表彰イベント(「がんアライ宣言・アワード」表彰式)が都内で行われた。第1回「がんアライ宣言・アワード」には21社からのエントリーがあり、必ずしも大企業ばかりではなく、社員2名という規模の会社も参加。企業ごとに特色のある取り組みを行っており、3企業の人事担当者が講演を行った。

がんを治療しながら仕事を続けている人は全国に約32.5万人

 いま、がんを治療しながら仕事を続けている人は全国に約32.5万人いると言われている。がんは「死に至る病」から「長く付き合う病気」に変わり、約3割の人が働くことが可能な年齢でがんに罹患しているという現状があるが、勤務先にサポート制度がなかったり、制度を利用できない雰囲気があることが、当事者の声から分かってきた。そんな状況を変えようと、がんを治療しながら働く「がんと就労」問題に取り組む民間プロジェクト「がんアライ部」が2017年10月に発足した。

 今回、表彰された企業のひとつ、伊藤忠商事の西川大輔さん(人事・総務部 企画統轄室長)は、がんについての取り組みのきっかけとなったのは「2017年2月、ある社員が当時の社長に宛てたメール」だと話した。そのメールの中で、自分はがん闘病中であり、周囲の人に支えられていることから「私の中では日本でいちばんの会社です」というメッセージが綴られていたという。その社員は数日後に亡くなった。在職中に亡くなる人の9割は、がんなのだ。伊藤忠商事では、こういった環境を少しでも良くしたいという思いで、「がんの予防・治療・共生」を目指した取り組みを続けている。

民間企業では初 国立がん研究センターとの提携

 伊藤忠商事の取り組みの中で特徴的だったのは、民間企業では初となる国立がん研究センターとの提携により、40歳以上の社員にがん特化検診を義務付けていること。もしがんに罹患した場合は、がんセンター専門医による即時治療が受けられるという。さらに、がん治療中の社員については「がんと仕事との両立」を評価指標に反映している。この両立を「業務」としていかに実現するか、治療計画を目標の一つとして設定し、達成した場合は業績評価としてプラス評価し、賞与に反映するという。

「がんアライ宣言」は1年を通じていつでも参加することができる(宣言用の書式はこちらからダウンロード https://www.gan-ally-bu.com/declare)。

 また、第2回アワード募集は、2019年7月頃より開始予定だ。2017年に創設されたがんアライ部は、2年目も引き続き企業の人事担当者向けの勉強会、がんアライ宣言・アワードの取り組みを中心に活動を続けていくという。

◆ ◆ ◆

<受賞企業>

 

ゴールド】12社
伊藤忠商事株式会社
株式会社エーピーコミュニケーションズ
株式会社MTG
・ガデリウス・ホールディン株式会社
株式会社レディセゾン
コロプラスト株式会社
サッポロビール株式会社
日本航空株式会社
・野村證券株式会社
株式会社日立システム
・三井化学株式会社
株式会社ローソン
 

シルバー】5社
株式会社アートネイチャー
株式会社エグゼクティブ
・合同会社SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS
・日本オラクル株式会社
ハウスコム株式会社
 

【ブロンズ】3社
株式会社グローバンス
株式会社GRCS
株式会社

写真=末永裕樹/文藝春秋

(「文春オンライン」編集部/文春ムック

「がんアライ部」代表発起人・功能聡子さん