アニメ漫画ゲームなどのモチーフにあしらう“痛車”文化。

  そもそもは奇抜な見たをしているイメージがあるイタリア製のと、「見るに堪えない」という意味の“痛々しい”を組み合わせた造として登場した「痛車」でしたが、2000年代後半から「D1」をはじめとした各種グランプリに痛車が出場するなど、文化として一般層に浸透していることが伺えます。

 本記事では、そんな痛車文化が開き始めた2008年拓さんさんによって投稿された『続・カプチーノで初音ミクの痛車を作ってみた』という動画で、スズキの名である2シータオープンカーの「カプチーノ」が初音ミク仕様痛車改造されていく様子をご紹介します。

続・カプチーノで初音ミクの痛車を作ってみた

 レース仕様に欠かせないのが、運転者をしっかりホールドするバケットシート。こちらのバケットシートが……。

 カプチーノの小さな社内に収まるように改造され、さらにミクカラーに!

 ガチャガチャカプセル初音ミクさんの顔を描いて、何に使うかと言うと……。

 かわいいアンテナボールができました! さらに足回りも初音ミクカラーに仕上げていきます。

 マフラーミク徴、ネギイメージしています!

 いよいよ、痛車醍醐味である体のプリントについて。前面、右、左、リア、の4面それぞれのミクは違う曲名のコンセプトイメージされています。

 残念ながら、リアウイングは構造上では取り外さなくてはならないそう。

 初音ミクへとに対するに満ちた動画でした。イベントで見かけたら気軽にをかけてほしいという気さくなコメントで締めくくられていました。

視聴者コメント

・あら、かわいい
・カワイイって言うかかっこいいね
・やっちまったなぁ~www
・すげえええええええええええw

痛車制作ノーカットで見たい方は
こちらから視聴できます

続・カプチーノで初音ミクの痛車を作ってみた

―あわせて読みたい―

【痛車まとめ】Fate・まどマギ・ラブライブ――この夏、名古屋に集った痛車画像を一挙掲載

『頭文字D』っぽく夜の峠をNSXが駆け抜け…ない! 安全運転すぎるドラテクに 「追い抜けねぇ…(追い越し禁止)」「ある意味運転うまい」

『初音ミク』仕様の痛車ボンネットを作ってみた エアブラシで描かれる緻密なミクに「俺の車にも描いてくれ」の声