元日テレビフリー阿部哲子アナウンサーが体調不良のため、フジテレビ系梅沢富美男のズバッと聞きます!」、TOKYO MXバラいろダンディ」などの全レギュラー番組を9月いっぱいで降し、さまざまな憶測が飛び交っている。

 MXでは日曜以外は連日レギュラー出演し“MX女王”と呼ばれていた阿部アナ。

 9月27日には、前身番組から6年間出演した「バラいろダンディ」を卒業

 「アッという間でした。プライベートでどんな悲しいことがあっても、この番組に来ると楽しかったので、寂しいです。大人になって、こんなにくだらないことに一生懸命になれるのは一番カッコいいと思います」と涙で別れを告げていた。

 その後、レギュラー番組を続々と降したが、所属事務所は降した詳細な理由を伏せたのだ。

 「事務所は各スポーツなどに対して、『具体的な病名については非表ですが、重い症状ではありません』と説明。復帰時期は『体調の回復を見て探る』としていたが、かなりの重病説が流れていた。しかし、実はプライベートの問題だったというから驚きです」(テレビ局関係者)

 阿部アナは2006年TBS社員と結婚し、日テレを退社。出産後にフリーで復帰したが、昨年5月離婚を発表していた。

 そんな中、今回の降劇の原因として一部夕刊が報じたのが実業男性とのW不倫

 記事によると、その男性とは15年ごろから今年まで関係があったが、男性は死去。

 男性の妻が遺品整理をしていたところ、阿部アナと不倫をしていた拠品が次々と出てきて、怒り心頭の妻が所属事務所や出演していたテレビ局にW不倫劇を訴え出たため、降に至ったというのだ。

 思わぬ形でW不倫がバレての異例の降劇だが、阿部アナにとってかなり深刻なダメージとなりそうだ。