お笑いコンビウーマンラッシュアワー村本大輔が、作家田尚中傷した件で、田が村本を訴える可性があることを示唆した。

 事の発端となったのは、今5日、米軍基地問題についての田の持論を否定するネット記事について、村本が賛同の意を示しつつ、後のツイートで「極右ハゲの作り話作家沖縄歴史デマを流していたらしい。探偵ナイトスクープに依頼してちゃんと調べろよ」と、田が構成作家を務めるバラエティ番組『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送)に絡めながら、明らか田へ向けた中傷ツイートをしたこと。村本はすぐに「汚い言葉を使ってしまい同類になるので削除」と当該ツイート削除したものの、田本人も「アホか、と」と言及する騒動に発展していた。

 また、これを受け作家石平太郎が村本について「村本大輔という名の芸人は『極右クソハゲ』の汚い言葉で田尚さんを罵倒した。人の身体的特徴を罵倒の材料にするのは明らか人権だ」と忠告するも、村本はこれに対し「ちゃんとツイート(事実)読んでね 一言ものことか書いてませんよ。『極右クソハゲの作り話作家沖縄デマを流していたらしい』と書いたんですが、、え!田さんて極右なんですか?左だと思ってた…」とツイートネットからは「いくらなんでも理がある」「多くの人が、の事かを容易に判断できたら名誉毀損は成立しますよ」といったを集めていた。

「その後、田氏は村本のツイートについて『なるほど、その言い訳がしたくて、名前を書かなかったのかそれで通用すると思ってたんやね』と呆れた様子を見せ、同日には優秀な弁護士と食事したことを明かしつつ、『これは名誉毀損でやれます』というアドバイスをもらったとツイート。さらに、『やろうかな』ときました。さすがにまずいと思ったのか、村本さんはその後その件について触れず、沈黙を貫いています」(芸ライター)

 さらに、田は10日にも再びツイッター更新し、「彼がもう一度なめたツイートしたら、訴えることにする」と村本に最終忠告。ネットからは「一回痛い観させたほうがいいですよ」「これは右左関係なく、ネットなら罵詈雑言オーケーという潮の見せしめとしてやるべき」といったも集まっており、お祭り騒ぎのような状態になっている。

 果たして、村本はこのツイートに反応するほどの謀さを持ち合わせているのだろうか。今後も注が集まる。

記事内の引用について
村本大輔公式ツイッターより https://twitter.com/wrhmuramoto
田尚公式ツイッターより https://twitter.com/hyakutanaoki?lang=ja

ウーマンラッシュアワー・村本大輔