グランゼーラ10月25日に発売予定だったサバイバルアクションアドベンチャー絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-延期を発表した。新たな発売日は11月22日となる。
 さらなるクオリティアップのためということで、発売を心待ちにしていたファンはもうしばらく発売を待つこととなる。

 『絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-』はアイレムから発売されていた『絶体絶命都市シリーズの4作目だ。絶体絶命都市4 -Summer Memories-としてPlayStation 3ゲームとして開発が進められていたが、開発は中止。その後アイレムから一部のスタッフが独立したグランゼーラ2015年に『絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-』とタイトルを改め、PlayStation 4向けに開発を再開した。また、本作はPlayStation VRにも対応する。

 『絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-』は震災が起きた大都市を舞台に、普通の人々が生き延びようとする姿を描く。主人公も、そんな普通の人々の中のひとりとして震災を体験することになる。
 災害直後を描いていたこれまでのシリーズとは異なり、本作は震災から1週間の物語となる。震災直後の倒壊したビル群や人々の活動だけでなく、被災後の状況や復興へ向けた歩みもリアルに描写する。


(画像は『絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-』公式サイトより)

 2010年の最初の発表から発売を待ち続けていたファンも少なくないだろう。ついに発売となる『絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-』の長い旅も残すところあと1ヶ月足らずだ。なお、公式ツイッターで現在観戦チケットや本作をイメージした災害時持ち出し袋が当たるプロサッカーチームツエーゲン金沢コラボしたリツイートキャンペーンを行っている。そちらの方も合わせてチェックしてみてほしい。

文/古嶋 誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。