トラック

arhendrixiStock/Thinkstock/写真イメージです))

静岡富士市新東名上がり線で、大トラックが乗用に追突し、に乗っていた親子が死亡した。

インターネット上では、運転手の男の供述に怒りのが相次いでいる。

■「前をよく見ていなかった」と供述

報道によると、事故が起こったのは9日午後3時前。富士市新東名上り線で、大トラックが前の乗用に追突した。そのはずみで、乗用はさらに前を走っていた大トレーラーにぶつかったという。

乗用を運転していた35)と母親59)が胸を強く打ち、病院に搬送。死亡が確認された。現行犯逮捕されたトラック運転手の男(43)は警察の調べに対し、「前をよく見ていなかった」と供述しているとのことだ。

■男の供述に「ありえない」と怒り

今回の報道を受け、『Yahoo! ニュース』では、運転手の男への怒りのが相次いでいる。

「ありえない。前を見ていなかったでは済まされない」

「『前をよく見ていなかった』。とても不思議でならないのですが、なぜ前を見ずに運転できるのですか?」

「本当に被害者はたまったもんじゃない。運転中に、しかも高速で前見ずにどこ見るの? ひとりのいい加減な行動が被害者、家族、友人等たくさんの人を悲しませる。もっと緊感を持って運転してください」

「ありえない」「もっと緊感を持って運転すべき」といったコメントが寄せられた。

■自動ブレーキの義務化を望む声も

また、「トラックには自動ブレーキを義務化すべき」「く自動運転になってほしい」などのコメントも見られる。

「もうトラックに自動ブレーキシステムを義務化しても良いのでは? 格に例して衝撃が大きいのだから、ノーブレーキで突っ込んだ場合の被害は甚大だ」

く自動運転ができるようになってほしいですね。簡単なことではないのだと思いますが、できるようになれば、このような悲しい事故がなくなるんじゃないかと期待しています。犠牲になられた方々のご福をお祈り申し上げます」

トラックこそ常に時代の最先端にいるべきではないかなと思う。スバルに付いた運転手の運転姿勢をモニタリングするシステム等は、トラックにあってしかるべき機ではないかと思う」

トラックに追突され、親子が命を落とした今回の事故。被害者の方に謹んでご福をお祈りしたい。

・合わせて読みたい→自転車運転の高齢男性を車ではねた男 その供述に「理不尽な世の中」の声も

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも

大型トラック追突で母娘が死亡 運転手の供述に「ありえない」と憤怒