6日に行われたリーガ・エスパニョーラ第8節でアラベスに0-1とまさかのを喫し、公式戦4試合勝ちなしと苦しんでいるレアル・マドリードフレン・ロペテギ監督が就任した今シーズンくも4敗を喫した。スペインアス』によると、歴代の指揮官はるかに上回るペースを重ねてしまっているようだ。

 レアル・マドリードUEFAスーパーカップアトレティコ・マドリード2-4と敗れた後、リーガ・エスパニョーラでは開幕5試合で4勝1分けと上々のスタートを切った。しかし9月26日の第6節セビージャ戦で0-3と敗を喫すると、スコアレスドローに終わった第7節アトレティコ・マドリード戦を経て、10月に入って2連敗。CSKAモスクワ、そしてアラベスと、敵地で封負けを重ねた。

 同によると、ロペテギ監督がわずか11試合で4敗を喫したのは、過去に例を見ないペースでのことだという。前任者のジネディーヌ・ジダン氏は4つ58試合で記録した。2015-16シーズンの前半戦で揮を執ったラファエル・ベニテス氏は4敗を喫する前に解任されたものの、25試合で17勝5分け3敗。さらに、ジョゼ・モウリーニョ氏(現マンチェスター・U)とカルロ・アンチロッティ氏(現ナポリ)はって46試合で4敗を喫したという。

 歴代指揮官とのデータ較を見れば、ロペテギ監督批判を免れない状況にある。レアル・マドリードの次戦は20日、リーガ・エスパニョーラ第9節でレバンテと対戦。重要な意味を持つホームゲームになりそうだ。

リーガ第8節ではアラベスに完封負けを喫したレアル・マドリード [写真]=Getty Images