10月20日に行われるカナダのリッチモンド市長選に、移民や留学を専門とする弁護士氏が立補している。中国務院外専門局で法務を担当していた同氏は「中国人権弾圧はない、中国には多くの言論の自由がある」と発言した。

カナダメディア・ブレイカー10月2日ブリティッシュコロンビア州リッチモンド市民会館て開かれた、全補者演説会に参加した氏に話を聞いた。氏は、リッチモンドと中国の架けとなりたいという希望った。

レイカー記者は、中国には報道自由もなく、際的にも人権の懸念が高まっていると問いかけると「私はそうは思わない、中国には言論の自由がある」と答えた。また、中国人も含めて、自らのには99.9の人々が同意すると自信を示した。

ペンス副大統領ポンペオ務長官も懸念を示した、新疆ウイグル自治区における大規模な収容施設について、同記者氏に聞いたところ「状況を知りたければ行ってみなさい」と答えた。多数の記者ジャーナリストらが拘束されていると聞くと「信じない。このことには多くの誤解がある。私は中国についての多くの誤りを正したい」と述べた。

10月20日投票が行われるリッチモンド市長選は現職マルコム・ブローディ氏、氏ほか2人が立補している。

現地リッチモンド・ニュースによると、6月に行われた氏の立補発表会では16組織300人が出席した。すべて中国語で行われた会では中国式の踊り、歌、スピーチというプログラムだった。

会では、氏の出演するビデオが流された。全面的に、リッチモンドに住む中国人向けに投票アピールした内容だ。「中国人視され、権利が失われている」「貧弱な経済犯罪人種差別…ここに住む中国人に不安を抱えている。中国人を理解できるのは中国人だけ、リッチモンドはついに中国人を聞く」。

きっかけは7億円窃盗事件

カナダブリティッシュコロンビア州リッチモンドにある、氏の弁護士事務所2016年、元従業員2人により顧客口座から7億円以上の口座が不正に引き出され、中国に渡った(yellowpage.ca)

氏はリッチモンド・ニュースに対して、ビデオの文言や内容は後援会の作成したもので、必ずしも自分の言葉ではないとした。しかし、同によると、氏は3月の講演で「中国人を反映させる代理人として出する」と話していたという。

によると、氏の出を決めたきっかけは、自身の会社資産750万加ドル(約7.2億円)の窃盗事件だという。2016年、元従業員が氏の会社が管理する100以上の顧客の信用口座から資産を盗み、中国に移して行方をくらました。

氏によると、すべての顧客の損失分は不動産売却や保険などで、9月までに済しており、自分も被害者だとしている。犯人逮捕できなかったのは、政府当局と警察銀行の「めちゃくちゃな不手際」が原因だと糾弾している。

氏の事務所を管理する法律協会(ロー・ソサイティ)は、海外に流れたこの巨額損失について、資産管理責任のある氏を会計法や弁護士法、州法違反の疑いで調している。違反が認められた場合、5万ドルの罰や、会社業務の制限あるいは閉鎖弁護士資格のはく奪などの罰が科せられる可性がある。氏自身は不正はないと否定している。

(編集・佐渡世)

郭紅氏のfacebookページより