マンチェスター・Cに所属するブラジル代表GKエデルソンが、リヴァプールに所属する同国代表GKアリソンについて語った。イギリス紙『デイリーメール』が9日に伝えている。

 アリソンは今夏、6250万ユーロ(約81億円)の移籍金でローマからリヴァプールへ加入。これにより、ブラジル代表の守護神を争う2人が同じリーグで切磋琢磨している。2018 FIFAワールドカップ ロシアではアリソンが全5試合に先発出場。エデルソンに出場機会はなかった。

 エデルソンは、アリソンについて「彼は1歩先にいる」とコメントし、ブラジル代表でプレーする意気込みについても語った。

ゴールキーパーというポジションは残酷だ。1人しかプレーできないからね。しかし、僕らは2人ともイングランドでうまくいっている。彼は僕の1歩先にいる。ワールドカップでのレギュラーも彼だった。でも、それは努力を怠る理由にはならないよ」

「昨日、トレーニング中にチッチ監督がサウジアラビア戦では僕を起用すると教えてくれた。ブラジル代表としてプレーできるなんてとても幸せなことだよ」

W杯では全試合に先発先発出場を果たしたGKアリソン [写真]=Getty Images