チェルシースペイン代表DFマルコス・アロンソ(27)がクラブとの新契約サインすることが決定的となった。同選手がスペインアス』でった。

2016年フィオレンティーナから加入以降、ウイングバックサイドバックとしてブルーズの左サイドを支えるアロンソ。今季も公式戦10試合に出場し1ゴール4アシストの数字を残している。

そのアロンソに関しては古巣レアル・マドリーを始めスペイン方面からの関心が伝えられているが、27歳のスペイン代表DFはチェルシーでのプレー満足しているようだ。

チェルシーでとても穏やかで幸せに過ごせている。同時にクラブに対して同じ気持ちを抱いているよ。契約はあと2年残っているけど、彼らは更なる延長をオファーしてくれた」

たちはいま、それについて話し合っているけど、延長に向けて話は進んでいるよ」

「すべてがうまくいけば、今末までに更新できるはずだ」

サムネイル画像