上遠野浩平氏の小説(KADOKAWA刊)をテレビアニメ化する「ブギーポップは笑わない」に、「スロウスタート」の近藤玲奈が出演することがわかった。頭脳明晰で犯罪心理や猟奇殺人などに造詣が深く、「博士」と呼ばれる女子高生の末真和子役を担当する。

1998年に第4回電撃ゲーム小説大賞受賞作品として刊行され、20周年を迎える小説シリーズブギーポップは笑わない」を新たにアニメ化する同作は、自動的存在“ブギーポップ”の戦いを通じて、少年少女たちの姿を描く群像劇。“世界の敵”が出現すると、それに対応して女子高生の宮下藤花に“世界の敵”を狩る、別人格のブギーポップが現れる。今回のテレビアニメ版では、2000年に放送されたオリジナルストーリーテレビアニメブギーポップは笑わない Boogiepop Phantom」に引き続き、マッドハウスアニメーション制作を担当する。

キャスト発表に合わせて、夜のビル街にたたずむブギーポップの姿を描いたアニメ版キービジュアルや、ブギーポップ、藤花、霧間凪らメインキャラクタービジュアルが公開されている。

(C)2018 上遠野浩平/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/ブギーポップは笑わない製作委員会