ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」(2014年フジテレビ系)での役者デビュー以来、さまざまな作品に出演し、一躍、若手人気俳優の仲間入りを果たした伊藤健太郎

【写真を見る】お待たせ! 伊藤健太郎に“壁ドン”してもらった

2018年は現在、発表になっているだけでも出演作品は、映画7本、ドラマ9本。また、3月に発売した1st写真集「G 健太郎」は度々重版がかかるなど、勢いに乗っている。

そんな彼が次に出演するのが、中川大志が主演を務める映画「覚悟はいいかそこの女子。」だ。イケメンだけど恋愛経験ゼロの“究極ヘタレ男子”斗和(中川)たちの恋を描いた本作は、6月にテレビドラマ化され、10月12日(金)に劇場公開される。

今回、甲斐翔真、若林時英と共に、斗和(中川)を取り巻く幼なじみヘタレ男子高校生を演じている伊藤にインタビュー。青春ラブストーリーでもある本作にちなみ、伊藤に恋愛観や初恋のエピソ−ド、少女漫画原作の本作について語ってもらった。

――「マーガレット」で掲載された椎葉ナナさんによる同名漫画が原作ですが、少女漫画にどんなイメージを持たれてますか?

僕は普段、少女漫画は読まないので、“壁ドン”とかのイメージを持っていたのですが、今回の映画でも斗和の壁ドンがさく裂していて。少女漫画が好きな方からすると、そこはすごくうれしいのかなと思いました。

――伊藤さん自身、壁ドンをされたことはありますか?

役柄でもないですし、もちろんプライベートでもないです(笑)。あんまりしたい気持ちもないかな(苦笑)。

でも男性に壁ドンされて、「すげぇ、これが壁ドンか!」っていうのはありました。ドラッグクイーンの方だったんですけど、顔を近づけられた時に、めちゃめちゃいい匂いがしたのを覚えています(笑)。別の作品でも男性にされました(笑)

■ 女性からの壁ドンはソワソワ

――そうなんですね(笑)。ちなみに映画では、斗和がヒロインの美苑に壁ドンした後、美苑(唐田えりか)から壁ドンをやり返されますが、もしご自身が女性から壁ドンされたとしたら、どういう感じになりそうですか?

満員電車に乗っていて電車が揺れた時に、たまたまされたことがあって。女性から壁ドンされると、なんかソワソワするというか、あんまり得意じゃないかもしれないですね。

――では、逆に女性からされてみたいことは?

何だろうな…。例えば彼女と一緒に住んでいて、僕が仕事に疲れて帰ってきてドアを開けたら、急に抱き着いてくれるとか? もう疲れも吹っ飛んじゃいそうですよね。

そういうのはいいなぁと思います。毎日じゃなくても、たまにそんな一面が見られたらうれしいです。

――演じる律は、データ至上主義で、リアルな恋愛経験がないため、やたらデータで語ろうとする役どころ。一見おとなしそうなキャラに見えますが、女性の口説き方を積極的に調べるなど、意外なキャラですよね。

あんなに積極的に調べているのに、全然自分に応用できないっていう(笑)。でも、そこが律の良いところだと思いましたね。

ドラマで描かれた律の最後の告白のシーンも、考えてというよりは、その時に出てきた言葉を言って、思いがあふれてきたみたいにしたくて。

台本では「大好きだ」だったのですが、ここは「好きです」だと思って、監督さんと相談して「好きです」に変えてもらいました。「好きです。すごくすごく好きです」っていう言葉は、僕は律らしくてすごくいいなと思っています。

――斗和にとって美苑が初恋になりますが、伊藤さんの初恋のエピソードを教えてください。

幼稚園の先生です。「僕、あの人と結婚する」って言っていたくらい、ほれていました(笑)。いつも一番、遊んでくれていたんです。ドッヂボールをしたり、鬼ごっこをしたり。

他の園児がその先生と楽しそうにしていると、その時は無意識だったのですが嫉妬をしていました(笑)。人生で初めて嫉妬した瞬間です。

――斗和は美苑を初めて好きになり、何度フラれても諦めずにアタックし続けますが、伊藤さんご自身は?

僕も諦めないタイプですね。フラれればフラれるほどいっちゃいます。男って本能的に何かを追いたくなるんですかね。

でも、またこれも勝手なもので、すごく追っていても、急に向こうから振り向かれちゃうと、「おおっ!?」みたいになっちゃうし。男の面倒くさいところですね(苦笑)。

女の子からしてみたら、そんなにアプローチかけていたのに、振り向いたら、急にそんな感じなの!?って思うかもしれないですね(苦笑)。

■ 分かりやすく「好き」ってアピールをする

――ちなみに、好きになったらすぐに思いを伝える方ですか?

そうですね。僕はそういうことに対して器用な人間ではないので、分かりやすく「好き」っていうアピールをします。

――なるほど。どちらかというと、律とは逆のタイプかもしれませんね。

律も男らしい部分もあるので全く違うということでもないですが、アプローチの仕方がちょっと違うかもしれないですね。でも、好きな人に対する思いを真っすぐ届けたいという気持ちは似ていると思います。

――ちなみに、どんな女性なら追いたくなるなど、ポイントはありますか?

例えば「いけるかも!?」って思って、ご飯に誘ってみて実際にご飯に行ける場合があるじゃないですか? そこですごくいい雰囲気で「あ、これは向こうもその気があるかも」みたいな感じで終わって。

でも、後日またそのテンションで誘って、そこで断られたりすると「ええっ!? なんで!?」みたいな…。

「あんないい感じだったのに」と、追い掛けたくなります。そんな時は、ちょっと時間がたってから「今日、どんな感じ?」といった感じで、諦めずに誘います。

――今回は、中川さん、甲斐さん、若林さんをはじめ同世代の方が多い現場だったと思いますが、刺激を受けたことはありましたか? 現場でのエピソードを教えてください。

撮影の合間は、みんなでお芝居について話をすることが多くて、「ああしよう」「こうしよう」とか、相談していました。

みんなすごく考えてきていたし、4人それぞれの意見があるから、その中で模索しながらやるのが楽しかったですね。

――その中では、誰が話をリードされていたんですか?

最初の頃は、僕と中川くんが「どうする?」とか話して、そこからみんなが入ってきてっていう感じでしたが、最後の方は気付いた誰かが話し始めて、みんなで話し合うという感じになっていきました。

――プライベートでも、4人で出掛けたりしましたか?

撮影期間中に、早く終わったらご飯に行ったりしていました。あとは、撮影で泊まりの日もあったので、そういう時にはみんなで話しました。

みんな歳が近いのですが、この4人で集まると、みんな精神年齢が低くなるんですよ。みんなテンションが高くて、誰かがメイクをしていたら後ろからちょっかいを出したりとか、箸が転がっただけで笑ったりとか、そんな勢いでずっと笑っていました(笑)

■ 誰にも負けない覚悟

――タイトルにちなんで、最近「覚悟していること」はありますか?

毎回作品に入るときに、「誰にも負けない」という覚悟をして入っていることですかね。お芝居もそうですが、いろいろな意味でひけを取らないようにしたいという気持ちが強いです。

――何か準備をされて現場に入ることが多いですか?

すごく準備するわけではなくて、ある程度のことは考えていき、基本的には現場の雰囲気を見たり、一緒に取り組む相手と実際に言葉を交わしたりして、いろいろ考えることが多いかもしれないです。

昔はそれができなかったんですけど、ここ1、2年くらいで、やっと段取りやテストの時とかにいろいろ試せるようになりました。ダメだったらダメって言われるし、とりあえずやってみないと、という感じです。

――それは何か転機になった作品があったからなのでしょうか?

いろいろな作品が転機になっていると思うのですが、初めて主演させていただいた「デメキン」(2017年)は特にそうかもしれないですね。責任感がより増して、大きく変われた気がします。

――2018年だけでもさまざまな作品にご出演されていますよね。充実されているのでは?

上半期はいろいろな現場にいることが多くて。たくさんの人と話して、いろいろな所に行って、すごく楽しかったし、今もとにかく毎日が楽しいです。

僕は「楽しく生きる」がモットーで、楽しいことがすごく大好き。しんどいこともあるし、悩むこともありますが、そういうものすべてをひっくるめて楽しいですね。

――20代になったことも影響しているのでしょうか。

そうかもしれないですね。10代の時はきついことがあると、すごくイライラしたり、誰のせいでもないのに誰かのせいにしたりとか、そういうことが多かったんです。

21歳になって、今でも完全にそれをやらなくなったかって言うとそういうわけではないですが、ここ1年でそこが少し改善されてきた気がします。

3カ月前くらいに、太賀さんに「乗り越えられないようなことは振ってこないから」って言われて、「確かに」って思ったことがあって。

そのことは結構大きくて、頑張ろうって思えました。今はまた一つ大人にならなきゃいけないっていう感じで、前のめりにいろいろなことに取り組めている気がします。

――今後、挑戦してみたい役は?

役者としては、いろいろな役ができるようになりたいですね。最近は「今日から俺は!!」(日本テレビ系)の撮影でアクションに挑戦して、アクションがやっぱり好きだなと再確認しています。

「あいつアクション俳優じゃないけど、アクションやらせたらやばいな」って思ってもらえるような存在になりたいです。(ザテレビジョン・取材・文=高山美穂)

映画「覚悟はいいかそこの女子。」に出演する伊藤健太郎