shutterstock_652422172

経団連が正式に発表した「就活ルール止」が大きな話題となっています。賛否両論入り乱れる中、「大賛成」の立場を取るのは健康社会学者の河合さん。河合さんは自身のメルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』の中で、就活ルールがこれまで学生たちからどれだけ大切なものを奪い続けてきたかを糾弾するとともに、「ルール止で学生混乱」という意見に対して「困るのは今まで就活の名の下に学生を食い物にしてきたオトナたちの方」との厳しい見解を記しています。

※本記事は有料メルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』2018年10月10日号の一部抜です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール河合(かわい・かおる
健康社会学者(Ph.D.,保健学)、気予報士。東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。ANA際線CAを経たのち、気予報士として「ニュースステーション」などに出演。2007年博士号(Ph.D)取得後は、産業ストレスを専門に調研究を進めている。な著書に、同メルマガの連載を元にした『他人をバカにしたがる男たち』(日経プレミアムシリーズ)など多数。

「就職一括採用」という病

就活ルール」をめぐる問題で、経団連は10月9日会議で、企業の採用活動の解禁時期などを定めた針を、2021年の入社分から策定しないことを正式に決定しました。

昭和28年以降、60余りにわたって何らかの形で示されてきたルールが幕を閉じることになります。今後は政府と大学側が協議会を設置し新たなルール作りを検討するそうです。

9月3日に経団連の中西会長が「個人の考え方」とした上で、就活ルール止発言をした件に関する私の見解は、9月18日付の日経ビジネスコラムに書いたとおりです(「学生を規格化する『就活ルール』は即廃止すべき―『選択の自由』を許さないと生きる力は摩耗―」)。

なのでそちらをお読みいただきたいのですが、結論だけ申し上げれば私は大賛成。かなり昔から「止すべし」と考えていました。

そもそも止を反対する人の多くは、「就職一括採用があるから日本の若者の失業率が欧べ低い」とおっしゃりますが、そういった「画一化されたレール」が若者の自性を奪い、「これが正解!」という自由な価値観を植えつけているのです。

大学ハロワーク化し、学生たちは「就活フラッグ」が振られた途端それまでの自由装から喪服のようなリクルートスーツ着替え茶髪黒髪にし、作り笑顔練習し「内定めて奔走します。

「内定」=「人の価値」のごとく扱われ、「内定がもらえないから」と命を絶つ若者が後をたちません。

だいたい学生たちは「就職する」モチベーションは高いのですが、「働くモチベーションは低い