2018年10月9日午前中、JR東日本新宿駅盗撮を疑われた男性が線路に飛び降りて逃げたため、山手線中央線埼京線湘南新宿ラインが一時運転を見合わせる事件がありました。

Twitter』では、あるユーザーが逃走する様子を動画アップしていたほか、「大迷惑」「ブチ切れ案件」といった悲鳴が上がっていました。

男性近くで身柄を確保されて盗撮の容疑を認めており、JR東日本側は損賠償の請を検討していると報じられています。

痴漢の容疑がかけられると「人生が詰む」ことは明らかですが、電車の見合わせがネットで流れた当初は「痴漢はもちろん駄だけど、実の罪をかけられるなら逃げても仕方ない」といったが一定数上がっていました。警察による自の強要や、法の場での推定罪の原則から外れているケースがあることを不安に感じている人が多いことを示しているといえるでしょう。

一方で、「そもそも満員電車が悪い」という意見もかなりの数が見られました。とりわけの場合、混雑率が200に達する路線もあり、そのことが痴漢跳梁跋扈する一因になっていると考えている人が多く、中には「女性専用車両を用意してもどうしようもない」「男性女性を専用車両で分けるべき」といったもありました。

痴漢が悪だということに異論を挟む余地はありませんが、警察法への不信と、都心のラッシュのストレスがあることも今回の事件で詳らかになったのではないでしょうか。可ならばオフピーク通勤をするなどの対策や自衛を図ることがめられます。

※画像は『足成』より
http://www.ashinari.com/2009/11/30-031459.php [リンク]

―― 面未来、探メディアガジェット通信(GetNews)』