6日に営業を終えた東京・築地市場の解体作業が11日に始まった。作業に必要な資材やバリケードを搬入し、重機による本格解体は12日以降になる予定。排出されるがれきは推定約20トンに上る見通し。跡地は2020年東京五輪パラリンピック駐車場として整備される。だが、その後の活用法は決まっていない。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

閉場し静まりかえった築地市場=東京都中央区で2018年10月11日午前9時6分、本社ヘリから宮本明登撮影