月販わずか数百台の不人気っぷり! それでもクルマ好きが唸る国産車4選

クルマとしても魅力は十分にある

 毎日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している登録の販売台数ランキング。それによると2018年8月度の販売台数No.1は日産・ノートで、13,589台となっている。つまり1日当たり450台ほどが売れている計算だ。

 しかし、その一方で間の販売台数が1,000台に満たない種も存在している。そういった種はたく言ってしまえば不人気ということになるが(中には高級も存在するが)、だからといってクルマとしての魅がない種ばかりというワケでもない。そこで今回は、販1,000台未満だが魅を持ち合わせている種を独断と偏見でご紹介したい。

1)スバル・レガシィ(含むアウトバック)

 日本でのステーションゴンをバン(商用)のイメージから脱却させた立役者であるレガシィだが、現在日本国外への販売を重視したためボディサイズが拡大してしまった。そのを埋めるために新規種としてレヴォーグが登場したことで、レガシィ自体の販売台数はかなり減少してしまっている。売れないクルマ

 とはいえ、2.5リッターの排気量から来る豊かなトルクや、本革シートを備えた上級グレードでも350万円(アウトバック)という価格はフラッグシップモデルとしてはかなり買い得感が高い。B4(セダン)のベースグレードであれば300万円を切るほどのバーゲンプライスなのだ。売れないクルマ

2)ホンダ・ジェイド

 ホンダミニバン/ステーションゴンであるジェイドデビュー当初は3列シートの6人乗り、ハイブリッド車のみというラインアップだったが、モデル途中で1.5リッターVTECターボエンジンの追加や、2列5人乗り仕様の追加など、ラインアップの拡充が図られている。売れないクルマ

 正直3列シート仕様は帯に短し襷に長し状態だったが、2列シート仕様は使えるステーションゴンに変貌している。また「RS」グレードには、カーブでの速や操量などから車両の動きを予測し、ブレーキを自動制御。正確に曲がれる気持ちよさと、安定した走りをもたらすアジイルハンドリングアシストが用意されるのも注ポイントだ。売れないクルマ

3)三菱アウトランダーPHEV

 三菱の技術のを凝縮させたアウトランダーPHEVは、パジェロで培ったSUV作り、ランエボで培った4WDi-MiEVで培ったEV技術を余すことなく盛り込んだモデルだ。プラグインハイブリッドでありながら、EV走行を基本とし、EVが苦手な領域や強い加速が必要な時のみエンジンが駆動に回るシステムを採用しており、EVと内燃機関のいいところどりといった種である。売れないクルマ

 また、有事の際は非常用電としても活用でき、燃料が満タン状態であれば一般庭の10日分の電を生み出せる点も、自然災害の多い日本では見逃せない点だろう。売れないクルマ

4)スズキ・イグニス

 もともとは軽自動車ハスラーと、エスクードの間を埋めるクロスオーバーSUVとしてリリースされたイグニス。しかし現在では同じプラットフォームを使用するクロスビーが登場したことでやや存在感が薄くなってしまっている。売れないクルマ

 しかし、クロスビーはターボエンジンや6速ATを採用したことで価格が上昇してしまっているが、イグニスは1.2リッターNAにCVTの組み合わせと、シティコミューターとして軽自動車からのクラスアップを図ろうとするユーザーにもなじみやすい仕様と価格となっている。ルックスも過去スズキの名テイストをちりばめている点はマニアの琴線にも触れるハズだ。売れないクルマ

売れないクルマ

売れないクルマ

売れないクルマ

売れないクルマ

売れないクルマ

売れないクルマ

売れないクルマ

売れないクルマ

月販わずか数百台の不人気っぷり! それでもクルマ好きが唸る国産車4選