プロ野球阪神金本知憲監督50)が成績不振の責任を取り、今季限りで辞任することになった。チーム17年ぶりのセ・リーグ最下位が確定していた。05年以来のリーグ優勝をした今季は、として期待した新外国人のロサリオの不振や選手のけががき、若手の伸び悩みもあってカバーできなかった。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

阪神タイガースの金本知憲監督