メディケア生命保険による「ビジネスパーソンの疲れとストレスに関する調査2018」内で、「ストレスが溜まっていそうな、アニメキャラクター」のアンケート結果が発表された。1位はドラえもん、2位は野比のび太、3位はベジータと、国民的な知名度を誇るキャラクタートップ3に並んだ。

【大きい画像を見る】「ストレスが溜まっていそうな、アニメのキャラクター」


この調査はインターネットリサーチによって、一都三県(埼玉県千葉県東京都神奈川県)および二府二県(京都府大阪府兵庫県奈良県)に在住する20歳~59歳のビジネスパーソンを対象に行われたもの。
「最近、心身の疲労を感じるか」「職場にこんな人がいたら嫌だ」「ストレス解消にぴったりだと思う映画」「『癒し系』だと思う芸能人」などの項目について、男性500名・女性500名の計1,000名から有効サンプルが集計された。


このうち「ストレスが溜まっていそうな、アニメキャラクター」については、1位はドラえもん、2位が野比のび太、3位がベジータという結果に。
友達とのトラブルやふりかかる災難、テストの点数や学校の宿題などでストレスが溜まっていそうなのび太を抑えて、そんな彼をサポートするために奮闘しているドラえもんトップとなった。

そのほか10位までには江戸川コナン剛田武ジャイアン)、骨川スネ夫アンパンマンバイキンマンフグ田マスオ孫悟空と、いずれも長期シリーズ作品のキャラクターたちがランクイン。お茶の間でお馴染みの人気者の背中に、苦労を感じ取っているビジネスパーソンは多いようだ。

ビジネスパーソンの疲れとストレスに関する調査2018」
調査対象:ネットエイジアリサーチのモニター会員を母集団とする20歳~59歳のビジネスパーソン(男女)
調査期間:2018年9月7日2018年9月11日
調査方法:インターネット調査
調査地域:一都三県(埼玉県千葉県東京都神奈川県
     二府二県(京都府大阪府兵庫県奈良県
有効回答数:1,000サンプル(有効回答から各性年代が均等になるように抽出)
内訳:男性(20代125サンプル、30代125サンプル、40代125サンプル、50代125サンプル)
   女性(20代125サンプル、30代125サンプル、40代125サンプル、50代125サンプル)
実施機関:ネットエイジア
調査協力機関:ネットエイジア【ほかの画像を見る】「ストレスが溜まっていそうな、アニメのキャラクター」

「ストレスが溜まっていそうな、アニメのキャラクター」