台湾高雄大寮区に住む30代の男性が、近隣住民30名あまりから集団暴行される事件が起きた。住民らは、男性が住宅地一帯の駐違反を執拗に告発したため、何度も罰を科せられたことにを立てて報復したという。『聯合新聞網』『ETtoday新聞』『自由時報』などが伝えた。

8日、集団暴行の様子を捉えた動画SNSアップされた。自宅付近の住宅街などで駐違反の写真を撮り当局に告発した男性が、告発された近隣住民ら30人あまりに取り囲まれ、うち7人ほどの男たちから暴行を受けた映像だ。男性は執拗に告発を繰り返していたという。

バイクヘルメットドライブレコーダーを取り付けたこの男性は、走行しながら違反の駐を記録し静止画を抜き出す方法で、高雄警察局のインターネットサイトに設けられた告発ページアップしていた。男性毎日の出勤や帰宅の際に記録しており、告発された人の中には一度に14枚の罰通知を受け取った人もおり、その額は5000元(約1万8000円)以上になったそうだ。

住民らは受け取った写真の中にバックミラーに映った告発者を見つけ、防犯カメラ映像を調べて男性を割り出したという。「違反したのは悪いけれどこんなやり方は悪質だ」「一言をかけてくれれば済む話」などとした。

警察によれば、事件が起きたのは3日の7時半頃。通報を受けて警察官が駆けつけたが、すでに暴行は止んでいたという。男性は怯えた様子で被害届は出さないと話していたが、警察では被害届がなくても集団暴行の動画をもとに加者を特定し、社会秩序を乱した罪として起訴する方針とのことだ。

警察分局によれば、今年1月から9月の間に寄せられた管轄内の告発受理数は全部で7697件に上るが、そのうちこの男性からの告発が何件あったかについては守秘義務のため明かされていない。なおかつては交通違反の告発者に謝礼が贈られる制度があったが、すでに止されている。

画像は『ETtoday新聞 2018年10月9日付「有人1次繳5000多!狂男遭「私刑教訓」驚恐不告 網友怒了」(/記者奕靖攝)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 片倉

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト