日本年金機構事務手続きについて会計院が調べたところ、不要な情報を照会したために2017年度までの2年間で計6億3000万円の手数料を余分に支払っていたことが判明した。検院は10日、同機構に善をめた。年金機構は「来年2月の年次照会から善を図りたい」とした。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら