所属事務所から受けたパワハラに苦悩して首つりをし、みずから命を絶ったといわれているアイドルグループの葉Girls」メンバーの大本さん(16歳)。2018年10月11日に(木曜日)に遺族が記者会見をひらき、その内容があまりにも壮絶だったため、物議を醸している。

パワハラ的な言葉が羅列
遺族によると、大本さんは当時「の葉Girls」を運営していた事務所Hプロジェクトから猛烈なパワハラを受け、それに苦悩してみずから命を絶ったとしている。事実として事務所側と大本さんがやりとりしたLINEメッセージが残されており、そこにはパワハラ的な言葉が羅列されていた。

・、衝撃的な情報が入ってきた
事実として事務所側と大本さんがやりとりしたLINEメッセージが残されており、そこにはパワハラ的な言葉が羅列されていた。そんななか、衝撃的な情報が入ってきた。


・逃亡したのではないか
日本テレビや複数のメディア事務所社長に取材をしようとコンタクトを取ろうとしたところ、社長と連絡がつかず、さらに事務所スタッフ社長と連絡がつかないことが判明。一部からは「逃亡したのではないか」とのが上がっているのである。

・あまりにも不実な対応
パワハラ的な業務を展開していたのが事実であれば問題だし、16歳という幼い命が消えてしまったこの事件、事務所として意ある対応をとるべきだと思うが、社長音信不通で連絡が取れない。あまりにも不実な対応なのは間違いない。

もっと詳しく読む: 16歳で命を絶ったアイドル大本萌景さん /パワハラ疑惑の事務所社長逃亡か(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/10/11/oomoto-honoka-news/