東京湾アクアライン(法定速度時速80キロ)を大バイクに乗って時速239キロで走行したとして、千葉県警高速隊が交法違反(速度過)容疑で書類送検した柏市男性会社員(34)について、千葉地検は11日、同法違反の罪で在宅起訴した。

 起訴状などによると、昨年5月24日午前3時50分ごろ、木更津市アクアライン上り線で、大バイクを運転し、法定速度を159キロ上回る時速239キロで走行したとしている。

 男性は小カメラ速度メーターを撮影し、動画投稿サイト映像開。県警の捜段階では「動画の視聴回数を増やし高評価をもらいたかった」「横がなく、やや下り坂になっている海底トンネル部分を選んだ」などと供述していた。

 大バイク英国トライアンフ社の「デイトナ675SE」(約67cc)。違法改造はなく、もともと速度抑制装置(リミッター)は付いてなかった。動画を見た人からの匿名メールで県警が捜し、速度メーターの特徴や別の動画から種と男性特定した。