リオ五輪東京五輪世代との融合は「新鮮」 おとなしい選手が多い、との印も…

 日本代表は12日、保体制2試合となるキリンチャレンジカップパナマ戦(デンカビッグスワンスタジアム/19時35分)に挑む。試合会場で前日練習を行ったFW大迫勇也ブレーメン)は、「また新しく始まるなという感じ」と新鮮さを感じていると胸中を明かした。

 保一監督率いる日本代表は、8日から新潟合宿をスタートロシアワールドカップW杯組のDF長友佑都ガラタサライ)、DF吉田麻也サウサンプトン)、DF酒井宏樹マルセイユ)、MF原口元気ハノーファー)、MF柴崎岳(ヘタフェ)、FW大迫を初招集し、若い世代との「化学反応」「融合」をテーマに調整を進めてきた。

 9月コスタリカ戦(3-0)はMF中島翔哉ポルティモネンセ)やMF南野拓実(ザルツブルク)、MF堂安フローニンゲン)とリオデジャネイロ五輪世代と東京五輪世代が攻撃を牽引した。日本史上3度ベスト16に入ったロシアW杯以来となる代表活動となった大迫は、「新鮮ですね。また新しく始まるなという感じ」と切り出した。

「(若手と)話はしたりしますけど、まだ大人しい選手が多い。でも、ピッチの中でしっかり表現している選手が多いですから、時間が解決するかと思います」


「その気持ちは変わらず、新たにやっていると言うべきことではない」

 28歳の大迫も経験、実績ともにチームを引っっていかなければならない立場だが、本人としては特にスタンスは変わらないという。もっとも、その意はロシアW杯でもそういった心意気で臨んでいたからだ。

ピッチ外のところは、今に限らずロシアの時から引っっていく気持ちでずっといた。その気持ちは変わらず、新たにやっていると言うべきことではない。正直、練習だけじゃ分からないこともたくさんある。まずはチャレンジしてみることが第一ですね」

 ドイツで実績を重ね、ロシアW杯日本を勝利に導くゴールも挙げた男は、その背中でどのようにチームを引っるのだろうか。


Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda

日本代表FW大迫勇也【写真:Football ZONE web】