女優浅野ゆう子さんが10月11日東京都内で行われた美脚の著名人を表する「第16回 クラリーノ美脚大賞2018」の授賞式に出席。オーバーフォーティー部門に選出された浅野さんは「デビューしたとき『ジャンプするカモシカ』というキャッチフレーズをいただき、脚に保険が……といううわさも錯綜(さくそう)したんですが、それは別の方だったんですけど」と笑いながら振り返り、「デビュー当時から『脚が脚が』と言われていたんですけど、当時は(身長が)大きい方がいなかったので、特筆して脚が長いと言われていました。オーバーフォーティを受賞できて、大きな自信につながりました」と喜んでいた。

 また、浅野さんは自身の足のサイズについて「この身長22.5センチなんですよ、意外と小さいんですよ。このからだを22.5センチが支えていて、バランスが悪くて」と明かすと、会場の観客から驚きのが上がっていた。

 美脚大賞は、人工皮革「クラリーノ」などを手がける「クラレ」が2003年に設立。「さまざまなシーンで活躍しているすてきな美脚の著名人」を表。今年は、浅野さんのほか、20代部門で有村架純さん、30代部門で中村アンさん、ティーン部門で岡田結実さんが受賞した。

動画:浅野ゆう子、デビュー時は「ジャンプするカモシカ」 美脚大賞受賞で「大きな自信に」 「第16回 クラリーノ美脚大賞2018」授賞式