Windows 10ミニTips」は各回の作成時点で最新のWindows 10環境を使用しています。

○「クリップボードの履歴」でデバイス間共有を有効にする

最新版となるWindows 10 バージョン1809(October 2018 Update)は本稿執筆時点で提供中断中である。リリースノートによれば、一部のファイル消失してしまうそうだ。なお、米国時間10月9日Microsoftはこの問題の調報告を開。問題を修正した新バージョンWindows Insiderプログラム向けに提供開始したという。

本誌読者の中には、筆者と同じように問題なくバージョン1809へ更新できた読者諸氏も多くおられるだろう。本バージョン更新した際、ぜひ有効にしておきたいのが、クリップボードデバイス間の同期である。

本機は既定で効になっているため、上記手順で有効にしなければならない。有効後は説明にあるとおり、「Win」+「V」キーを押すとカーソルキーの横や画面端に「クリップボードの履歴」が現れる。

同じMicrosoftアカウントサインインする別PCでも、同じショートカットキーを押して確認すると、クリップボードの履歴内容を確認できるだろう。

クリップボードの内容は、ピン留めボタンを押せば保存できるが、PC再起動すると消えてしまう。また、対応するのは書式なしテキスト/HTML/画像だが、Microsoftによる以前の説明どおりであれば、各データ1MB未満、全体データは5MB未満、クリップボード数は50アイテムまで。筆者が確認した限りでは、いずれかの制限をえた時点で古い履歴から削除されるようだ。

会社などのデスクトップPCと、持ち歩き用の2-in-1 PCを併用して使う場合は、本機は実に便利だ。既定で効になっている理由は不明だが(セキュリティ的な問題かもしれないが)、複数台のPCで手軽にコピーペーストしたい方は有効にしておこう。

阿久津良和(Cactus)
阿久津良和)

画像提供:マイナビニュース