俳優矢野人が10月11日、都内で行われた演作「ボクボククジラクジラで、泳いでいる。」の完成披露上映会に出席した。映画演を飾り「20代のうちに実現したかった夢がかなった。初演が『ボクジラ』で良かった」と感量の面持ち。クジラの飼育員を演じ「人間ぽくて、それぞれに個性がある。こちらが自信をもって接してあげないと、言うことを聞いてくれない」と振り返った。

【フォトギャラリー】武田梨奈、その他の写真はこちら

和歌山県実在する日本一のクジラ博物館太地町くじら博物館」を舞台に、純クジラする青年鯨井太一(矢野)が飼育員リーダーに任命され、来客が減少する博物館を盛り上げようと奮闘する。上映会には矢野をはじめ、共演する武田奈、岡本玲藤原知之監督が登壇した。

矢野は、和歌山県でのオールロケについて「と山、自然あふれた環境での撮影で、すごくのびのびできた」と回想ピンチヒッターとして東京水族館からやって来たヒロイン白石を演じる武田も「土地柄がすごく温かく助けられた。ホテルの前にある和歌山ラーメンのお店が、矢野くんとちゃん、わたしの3人が自然と集まる場所になった」とった。

そんなふたりの発言に、和歌山県出身の岡本は「ようやく和歌山が舞台の作品に出ることができて、幸せに思います」としみじみ。「お芝居で地元の皆さんが築いた歴史だったり、思いや人柄を伝えたいと思っていた」といい、「皆さんもぜひ、食べに来てくださいね」と和歌山ラーメンアピールも忘れなかった。

メガホンをとった藤原監督は「動物が登場する作品は大変なので、今まで避けていた」と明かし、「でも、クジラはとても賢くて言うことを聞いてくれる。カメラフレームの外からサインを送れば、ちゃんとその通りに動いてくれるし、アドリブを披露してくれることも。雰囲気でわかるんですかねえ」とクジラの"名優"ぶりに舌を巻いていた。

ボクボククジラクジラで、泳いでいる。」は、10月12日から和歌山県で先行開。11月3日より東京のシネ・リーブ池袋ほか全開される。

撮影中は和歌山ラーメンのお店に集合