やはり人気YouTuberHIKAKIN(ヒカキン)はおもしろかった!10月8日の「しゃべくり007」(日本テレビ系)で生披露した動画収録の様子に視聴者が感心したという。

 ゲスト出演のヒカキンは20人の小学生員を前に、普段の動画収録をスタジオで再現。「ブンブンハロー・ユーチューブ」というお得意のデスボイス動画スタートし、激辛ウルトラデスソースを口にしてのリアクションや、パンチングボールストレス解消する際の顔芸などで、小学生たちを爆笑のウズに巻き込んでいた。そんなスタジオを沈黙させたのが、ネプチューン堀内健だったという。お笑い系のライター摘する。

「ヒカキンの対戦相手として登場したホリケンは、最初につかみとして子供たちにアンダーエアを着けるようはやしたてるようなネタアピール。この手の他もないネタ子供たちが大好きで、まあまあ笑いを取っていました。しかし動画収録シーンになると、自分の鼻のに入れたを『尺取り!』と言いながらそのまま机や髪の毛に這わせ、子供たちがドン引き。さらに一口メモとして『フラミンゴっていうのはね、片脚なんだけども』と口にするも、すぐさま子供たちから『知ってます!脚が冷たいから』と正解をバラされてしまう始末です。最後は机にヒジ打ちするボケかますも、痛がる様子にまたもや子供たちがドン引きするという有様で、ヒカキンの足元にもおよばない結果をさらしていました」

 そんな堀内子供たちは「鼻に入れたで触ってて気持ち悪かった」「単純におもしろくなかった」と辛口。さんざんな出来だったが、子供はもちろん大人視聴者たちも今回の失態にはアキレ果てていたようだ。

視聴者からは『ホリケン痛すぎ』『他のお笑い芸人に謝れ!』といった酷評が寄せられていました。そのホリケンは以前から突拍子もない発言や行動が持ち味で、8月16日放送の『ひるキュン!』(TOKYO MX)ではMC田中みな実を逆さに持ち上げたり、スタジオ隅の段ボールに突き飛ばすなどやりたい放題。しかし視聴者にはまったく受けず、すっかりスベっていたのです。かつてはこういった無茶ぶりで笑いを取っていたホリケンですが、48歳の今も同じ芸を続けるのはさすがに理があります。この調子ではお笑いの第一線からご退場いただくことになるかもしれません」(前出・お笑いライター

 同じ「しゃべくり007」で43歳の徳井義実は、巧みに小学生の笑いを誘っていた。どうやら子供に受けるかどうかは年齢の問題ではないのかもしれない。

金田麻有)

アサ芸プラス