保一(もりやす・はじめ)。日本国内では屈の経験と実績を誇る「サッカー日本代表監督」は4年後に向けて着々とその歩みを進めている。

JBpressですべての写真や図表を見る

 長きにわたり日本代表を取材し続けてきたスポーツライター戸塚啓氏は、監督就任以降の日本代表に「これまでにない変化」を見ている。それはいったい何なのか。そして「日本代表監督モウリーニョでもグアルディオラでもなく日本人を」と唱えるその理由とは。(JBpress

これまでの代表監督選出には一貫性がない

──『日本サッカー代表監督総論』(双葉社)を上されました。代表監督テーマにされた理由を教えてください。

戸塚 日本代表の現場を取材して27年になるのですが、「日本代表の歴代監督」について振り返ってみると、人選に疑問符がつくことがありました。ご存じのとおり、日本代表監督は基本的にワールドカップに合わせた4年周期で替わっています。あの人はなぜこのタイミング監督になったのか? それを一度きちんと整理してみたかったんですね。

 そしてもうひとつ大きいのが、ロシアワールドカップを終えて、久しぶりに日本人監督が誕生したこと。日本代表にとっての監督とはどうあるべきなのか? そのテーマについて深く検証してみたいと思いました。

──結果的に1998年フランス大会から6大会連続でワールドカップに出場しています。歴代監督の流れはスムーズにいっていると思いますか。

戸塚 ワールドカップの連続出場というのは評価されるべきですが、すべてがうまくいっているとは言えません。1998年フランス大会から振り返ると、日本人岡田武史監督から始まって、フランス人(フィリップ・トルシエ)、ブラジル人(ジーコ)、旧ユーゴスラビア人(イビチャ・オシム)、日本人岡田武史)、イタリア人(アルベルト・ザッケローニ)、メキシコ人(ハビエル・アギーレ)となって、ふたたび旧ユーゴスラビア人(ヴァヒド・ハリルホジッチ)へと監督交代しています。籍だけでるわけではありませんが、バラバラであることは確かです。

 日本協会は、その都度「日本ゆかりのある人物」ないし「ワールドカップで結果を出している人物」を基準に選んできたとは思いますが、長いでみたときに一貫性のあるものとは言えないと思います。

──なぜそうなってしまったのでしょうか。

戸塚 日本サッカーはこうあるべきだ、というコンセプトがなかったからでしょう。だから監督が代わるたびに、日本代表サッカーというものも変わってしまう。いつまでも日本すべきサッカーが定まらない。そうした日本協会のスタンスが“監督選び”に如実に表れていたと思います。日本サッカーすべきとはなにか、日本人の長所を活かしたサッカーとはなにか・・・。

 今ロシアワールドカップはそれを考え、推し進めるきっかけを作ってくれたと思っています。

──今ロシアワールドカップ日本人西野監督でした。

戸塚 西野監督のもと、“オールジャパン”で戦いました。大会前の下評を覆して日本グループリーグを突破し、ベスト16進出を果たしましたが、まさに日本サッカーすべきを示してくれた大会になったのではないかと考えています。

──たらればは禁物ですが、4年前のプランどおりハリルホジッチ監督のままで戦っていたら、どういう結果になっていたでしょうか。

戸塚 ハリルホジッチ監督の挑戦が成功だったのか失敗だったのかはもう分かりません。ただひとつ言えるのは、“世界スタンダード“に照らし合わせて戦ったハリルホジッチ監督した「縦に速いサッカー」では、チーム作りがうまくいっていなかったことです。そんな状況を見かねての直前での監督交代でした。結果オーライではありますが、いずれにしても、ロシア大会は日本サッカー界にとってのターニングポイントになったのは間違いないでしょう。

モウリーニョにもグラウディオラにもない「覚悟」

──ワールドカップ初出場から数えて20年が経ちましたが、ようやく世界と戦う日本サッカースタンダードを見つけた、ということでしょうか。

戸塚 個人的にはそう思っています。先ほど“監督選びに一貫性がない”と言ったことと矛盾するかもしれませんが、これまで積み上げてきたものは、すべて駄ではないと思っています。これまでの20年間の“監督選び”こそが、日本サッカーを探り当てる作業でもあった、とも言えると思います。

 近いところから言えば、岡田監督のもとで臨んだ2010年南アフリカ大会のチームは守備重視で戦いベスト16に進んだものの、なにかやり切れなさが残りました。そのリバウンドから今度は導権を握って戦うサッカーしてザッケローニ監督が就任し、ブラジル大会では惨敗。そして、またそのリバウンドから世界のトレンドに合わせようと、アギーレ監督、継いだハリルホジッチ監督のもとで「縦へサッカー」を志向しました。結局、結果が出なくなったから、やっぱり西野監督のもとで“日本人の長所を活かしたサッカーで勝負しよう、と。

 “リバウンドに次ぐリバウンド”の連続ですよね。その意味で一貫性のないように見える監督選びもまた避けがたいものだったのではないでしょうか。少なくとも、20年前の段階で選手にしてもメディアにしても「日本サッカーはこうあるべきだ!」と胸をって言えることができた人間は少数だったでしょう。

──日本代表監督選びについては、どのように進めていけばいいと思っていますか。

戸塚 やっぱり日本人監督にやってほしい。一番大事なのことは「日本人はなにができて、なにができないのか」を理解している人間が代表監督になるべきだと思います。単純ですが言葉が分かる、伝えたいことが伝わるというのは大きなメリットです。

 あとは“覚悟”ですね。外国人監督を呼んだとしても、“上から目線”で導してしいた監督が多い気がしますし、何より結果が出なかったら帰れる。でも日本人には“逃げ場”がありませんから。もちろん、いままでの外国人監督全員日本のために戦ってくれていたと思います。それに偽りはないと思います。でも、どんな名将であっても、日本人を知らず、覚悟がないならばモウリーニョ(現・マンチェスターユナイテッド監督)であろうが、グアルディオラ(現・マンチェスターシティ監督)であろうと私のなかでは“ノー”です。極論を言えば、これから外国人監督をしている日本代表はもう見たくありません。

──なぜ、そう思われるのですか?

戸塚 覚悟という意味で、忘れられないことがあります。4年前、ブラジルワールドカップの2カ後、退任したザッケローニさんが住んでいるイタリアのチェゼナティコに足を運び、1時間半ほど話を聞かせてもらう機会に恵まれました。とても親切な方で終始和やかなムードでした。2カ前の日本代表を遠くを見るようなで懐かしそうにってくれた・・・。

 でも私からすれば、あれほどのショッキングな惨敗劇を演じたのに、たった2カ日が過ぎただけで、どうして「懐かしい思い出」として片付けることができるのか? と大きな違和感を持ちました。あのときはまだ取材する私も「惨敗」の傷が癒えていなくて(笑)それなのにその当事者が「過去のようなもの」としてる姿に、ダブルショックを受けたことをいまでも覚えてします。「ああ、これから日本代表日本人監督がやるべきだ」と、あの間、私のなかでのスイッチが入りました。

──日本代表真剣に取り組んでくれたとしても、その覚悟には大きな差がある、と。

戸塚 はい。痛感しました。

──日本人監督メリットを他にあげるとすれば何があるでしょうか。もしグアルディオラが来るのであれば、もろ手を挙げて歓迎してしまうような・・・。

ストレスなく伝わる、というメリット

戸塚 先も少し触れましたが、日本語という共通言コミュニケーションが取れることは大きいと思います。グローバル化が進んでいる日本においてこういったことを言うのはナンセンスなのかもしれませんが、”ここぞ“という場面で話す言葉は、やはり日本語のほうがストレートに伝わります。

──取材をされてきてそれが勝敗を分けた、と感じた試合はありますか。

戸塚 ずいぶん前になってしまいますが、オフトが監督が務めていたドーハの悲劇は分かりやすいかもしれません。交代で入った武田(修)さんがボールキープせず(時間を稼がず)にクロスを上げたことが「敗因」と摘されることが多かったですが、もしオフトが日本語を話せて示を徹底できていたら・・・。ああいう極限の状況で「伝える」ことにストレスがなかったら、ああはならなかったのかもしれない。

 もちろん、これはタラレバですから、結果はわかりません。そもそも日本サッカーに「時間を稼ぐ」という文化が根付いていなかったのかもしれない。

 ただ、やっぱり日本人の選手には、日本語で伝えるほうが齬がなくなるし、何より魂にくと思います。まさに一分一を争う勝負の世界において、国語で細かな示やニュアンスを伝えられるかどうか、というのは大事な要素だと思います。

──なるほど。ただ、日本人監督については「世界基準の経験が不足している」という摘もあります。

戸塚 もちろん日本人監督のなかでヨーロッパトップで戦った経験を持った人間はいませんが、強豪国ではない日本サッカーにおいて、まず優先されるべきは、日本人ポテンシャルを引き出すことだと思います。ではモウリーニョグアルディオラを呼んだとして、果たして、いまの日本人に高度な戦術を使いこなすことはできるか。またモウリーニョグアルディオラ日本人のことを理解してくれるかは疑問です。たとえば、モウリーニョグアルディオラJリーグ監督を2年務めてから日本代表に就任する、というのであれば大歓迎ですが。

──その点で監督の就任は大きなメリットがある、と。

戸塚 そう思います。日本人監督メリットは、チームのまとまりを“より太く”“より強く”作れること。日本人監督のもと日本人選手ととともに戦うーー。その覚悟があってチームがひとつになって一体感が生まれてくると思うのです。まさにロシアワールドカップでの日本代表がそうでした。西野監督のもとで一体感のあるサッカーを見せてくれました。そういった意味において、日本サッカーにとっても大きなターニングポイントになった大会になったと思っています。

「〇〇ジャパン」はもうやめた方がいい

──ロシアワールドカップの戦いを起点にして考えると、西野ジャパンチームから善すべき点はどこになるのでしょうか。

戸塚 西野監督が素らしかったのは端的に結果を残したこと。実質、3週間ほどしかない短い準備期間のなかで、選手にプレッシャーを与えず、個性を尊重しながらチームをまとめました。戦術で選手を縛らないことが奏功しました。これもハリルホジッチ監督からのリバウンドで、戦術で縛るタイプだった指揮官のもとから解放されて、選手たちが伸び伸びとプレーするようになりました。

 わたしは現状の監督に対してポジティブイメージを持っていますが、それは体性のある日本サッカー、柔軟性があり攻守どちらかだけにこだわらない、ロシアの地で躍動した日本代表スタンスを受け継いだことが、これからの日本代表の可性を広げるのではないかと思っているからです。

──その点で、今回ワールドカップ後初めての内部昇格はよかった、と。

戸塚 ですね。いままで一度もなかった継続性というものが初めて担保されたわけですから。これまでの代表チームの移り変わりを見るかぎり、選手の継続性はありましたが、サッカーの方向性の継続性は一度もありませんでした。先ほどもお話したとおり、今回は――チーム作りを継承するということではなく――日本サッカースタンスが受け継がれたわけです。リバウンドで選んだわけではないですよね。まずそこは評価しなければいけないことではないでしょうか。

──確かに、リバウンドではないという意味では初めてかもしれません。

戸塚 加えて、世代交代のよいメッセージにもなったと思います。ドーハの悲劇フランスワールドカップを経験したころの若い監督たちが「にも可性がある」と思えるじゃないですか。例えばわたし名波浩(現・ジュビロ磐田)さんが代表監督にふさわしいと思っていますが、そういったJリーグ監督をしている人たちの意欲を促すことができたと思っています。

──ロシアワールドカップから4カ弱、今は順当に進んでいる、と。

戸塚 スタイルを継承していくという意味で、本でもお話でも監督焦点を当てましたが、そもそもは日本代表監督の所有物ではありません。戦う選手や応援する日本の人たちのものです。日本ではどうしても、監督の名前を付して〇〇ジャパンという言い方をされますが、それもそろそろ変えないといけないと思います。

 いろいろな意味で今までにないスタートを切った日本代表に大いに期待したいと思います。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  ベンチから見たW杯、遠藤航が感じた「分岐点」とは

[関連記事]

ぼやく代表監督、「39%」が示すセリエAの憂鬱

日本代表が続々と集うベルギー、本当のレベルは?

サンフレッチェ広島で3度のリーグ優勝を果たした森保監督。写真:JFA/アフロ