世界遺産にも登録されているドイツライン渓谷ライン沿いにはいくつもの古や町が点在し、内外を問わず多くの人が訪れます。

今回紹介するコブレンツは、流域の町リューデスハイムやザンクト・ゴアールと同様にライン観光の拠点となる町。またラインとモーゼルが混じわる地としても有名で、町の北にあるこの岬は「ドイチェス・エック」呼ばれ親しまれています。

ライン観光の拠点として便利な一方、町自体の見どころも見逃せません。そんなコブレンツで体験したいことを4つ紹介します。

ライン沿いで優な気分に浸る

ライン沿いは優な建物が並び、散策が楽しいエリア。中でもを引くのが、かつてのドイツ皇帝ヴィルヘルム1世も宿泊したという選侯居。裏手には美しく整えられた庭園が広がり、には満開のバラ旅人を迎えてくれます。

侯居からライン沿いをさらに進むと見えてくるのは、プロイセン時代の庁舎。ネオロマネスク様式の建物は、すっきりとした印をあたえながら、細部には繊細な装飾がなされています。

現在は政府機関が入っているため内部の見学はできませんが、手の込んだ外観だけでも見る価値は十分。

ラインとモーゼルの合流点に立つ

モーゼルラインに合流する地点「ドイチェス・エック」。ドイツ騎士団がこの場所に拠点を置いたことからその名が付けられ、545kmにわたるモーゼルの長い路はここで終了します。

岬を見据えるようにして立っているのは、ヴィルヘルム1世の像。ドイツを統一へ導いた彼の功績をたたえるべく建設計画がもちあがり、1897年完成しました。

像の台座部分からドイチェス・エックを眺めながら、このが歩んできた歴史に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

ロープウェイに乗って対の要塞へ

ブレンツの対には1000年頃に築かれたエーレンブライトシュタイン要塞があり、両を繋ぐロープウェイで簡単に行くことができます。ラインの上を散歩できるのは、おそらく流域のなかでもここだけ。

もとは居として建てられたが強固な要塞へ変貌を遂げたのは、15世紀に入ってから。要塞なのでかの有名なノイシュヴァンシュタイのようなメルヘン要素はありませんが、しない強さをひしひしと伝わってきます。

庭から見下ろすドイチェス・エックも必見。条件が良ければ2つのの色がくっきりと分かれている様子を観察できます。

美しすぎる旧に感動する

エーレンブライトシュタイン要塞と対照的ともいえるのが、やかで美しい。細い路地には小さなショップカフェが並び、そぞろ歩きにぴったりです。

行く人々が足を止める場所には、見事に装飾が施された4つの出が並んでいます。「4つのVier Türme)と呼ばれているこれらの建物は17世紀に建設されたもの。

植物や人のモチーフが表現され、細かい部分にまで手の込んだ装飾には感動さえ覚えます。

ライン観光の拠点と言うイメージが強いコブレンツですが、町自体にも見どころは豊富。優な宮殿や強固な塞など、多様な表情をもち合わせた町の魅を味わいつくしてください。

ドイツの世界遺産・ライン川観光の拠点コブレンツでしたい4つのこと