山崎賢人が演を務め、2017年10月に劇場開された映画斉木楠雄のΨ難』が、今(12日)日本テレビ系金曜ロードSHOW!」で地上波初放送される。山崎をはじめとするキャストが集結し、人気漫画実写化に挑んだ本作の注ポイントを紹介する。

原作はジャンプの人気漫画!

 原作週刊少年ジャンプで連載された麻生周一の人気ギャグ漫画山崎が演じた主人公斉木楠雄は、生まれながらに最強超能力を持った高校生で、本作はそんな雄の学園生活を描く。雄自身はごく普通の生活を望んでいるのだが、彼の周囲には変わり者ばかりが集まり、さまざまなトラブルに巻き込まれてしまう。

メガネをはずしたら… - (C) 麻生周一/集英社 (C) 2017「斉木楠雄のΨ難製作委員会

山崎賢人、ピンク髪で主人公に大変身!

 メガホンを取ったのは、映画銀魂シリーズドラマ勇者ヨシヒコシリーズなどの福田雄一監督山崎コメディー映画演にして、福田監督も太鼓判を押すコメディーセンスを見せた。見たも中身も個性的なキャラクターぞろいの本作で、山崎が鮮やかなピンクに、色付きメガネをかけ、頭にはアンテナのようなもの(超能力制御装置)をつけ、原作イメージを再現したビジュアルも大きな話題を呼んだ。

熱い視線にもクールな表情の雄 - (C) 麻生周一/集英社 (C) 2017「斉木楠雄のΨ難製作委員会

豪華キャスト集結!濃すぎるキャラを熱演

 そんな本作には山崎に加えて、橋本環奈照橋心美)、新井浩文(燃堂力)、吉沢亮海藤瞬)、笠原秀幸(呂杵志)、賀来賢人(須亜)、ムロツヨシ蝶野)、佐藤二朗神田品助)ら人気キャストが集結。橋本が“美少女”の自覚がある学園のマドンナ30代後半の新井がまさかのモヒカン×ケツアゴ高校生吉沢が強中二病キャラ、賀来がそうな見たに反して暴走族の元総長……とそれぞれが濃すぎるキャラになり切って、全の振り切った演技を見せた。

後ろにいるのは新井浩文演じる燃堂力 - (C) 麻生周一/集英社 (C) 2017「斉木楠雄のΨ難製作委員会

文化祭からまさかの地球滅亡の危機!?

 映画では、雄が通う学校で毎年行われる文化祭での出来事がメインに描かれる。個性的なクラスメートたちがおとなしくしているわけもなく、雄は次々と災難に見舞われ、超能力を使わなければ解決できない状況に。雄がどんどん追い込まれていくなか、事態は地球滅亡の危機にまで至ってしまう。単なる学園コメディーというには収まりきらないハチャメチャかつ爆笑必至の展開は、日々の疲れを吹き飛ばしたい金曜にぴったりだ。(編集部・小山美咲

映画斉木楠雄のΨ難』は日本テレビ系金曜ロードSHOW!」にて10月12日よる9時~10時54分放送

山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記)

主人公の斉木楠雄にふんした山崎賢人 - (C) 麻生周一/集英社 (C) 2017「斉木楠雄のΨ難」製作委員会