「」は人を盲目にも疑心暗鬼にもするし、期待も不安も幸せ不幸せも一気に連れてくる……なかなか厄介でもあり素晴らしいものでもあります。片思いのときにはあれこれ想像したり、勘違いしたりしながら、一喜一憂するもので、そんな高校生男女のヤキモキなやり取りを描いた漫画大人もヤキモキしてしまう訳です。

【画像】漫画を見る(全4ページ)

 『魔法少女なんてもういいですから。』で知られる漫画家の双見(日本)さんがTwitter開した漫画は、く、登校途中の女子高生早川さん)と男子高生木君)が会うシーンから始まります。

 登校中によく会うという2人。木君はテニス部の練で毎日いのですが、彼は文学部早川さんがく登校している理由が気になります。「部活なの?」と聞いてみると、「……早起きだから」という答え。どうやら早川さんのことが好きらしい木君は、心の中で「練出ててよかった」「早川さん可愛い」「天使かよ」とから早川さんに会えることを心底喜んでいます。

 一方早川さんは、「早起き」という答えを「絶対間違えた!」と後悔。「木君に会うためにこの時間に出てるのバレバレじゃん!」とらめます。なんだ、2人とも、ああで、こうで、そういうことか!

 ふと、早川さんは木君がをけがしていることに気がつきます。絆創膏を持っていると、カバンの中を探します。すると出てきたのは木君のフルネームが書かれている絆創膏。それは友達から「好きな人の名前を書いた消耗品を持ち歩くと効果がある」という話を聞いて、半信半疑ながら持っていたものでした。

 絆創膏のおまじないを見られたくない早川さん、自分が貼ると申し出ます。絆創膏くらい自分で貼れると木君に言うのですが、「失敗するとあれだから!」と早川さんは顔をくして強く。ううっ、甘酸っぱいぞ。

 おまじないに気付かれずに、絆創膏を貼ることに成功した早川さん。「ば ばれなかったよね!?」と動揺しつつも、どさくさに紛れて木君に触れたことを喜ぶのでした。そして木君はというと、早川さんに優しくされたことに「期待していいの?」と大奮状態。その場は何もなかったように歩き出す2人ですが、さてこの後は……。

 両想いなのに、それに気がついていない2人の心のをのぞいてしまうと、甘っぱさに押しつぶされそうになります。キラッキラ青春。あまりにもまぶしすぎて直視できない! 漫画を読んだ読者からも「こんな青春送ってみたかった」「甘酸っぱい暴力ですか?」とキュン死寸前の人が続出しています。

画像提供:双見(日本)さん

甘酸っぱさのクライマックス!