を題材にしたことわざは数多く存在します。

【大きい画像を見る】「斉木楠雄のΨ難」(C)麻生周一/集英社・ PK 学園 2


その中でも印的なのは「女心と」。ころころと変わりやすい模様と同じように、女性の心も変わりやすいという意味を持ちます。もともとは「男心と」ということわざが使われており、心が移ろいやすいのは男性女性も同じようです。

アニメにも惚れっぽいキャラクターは数多く存在します。恋愛関係のトラブル物語を盛り上げる上でも欠かせません。そんなキャラの中で最も移り気だと思われているキャラクターは一体なのでしょうか?

そこでアニメアニメ!では、「女心と…移り気なキャラといえば?」と題した読者アンケートを実施しました。10月3日から10月9日までのアンケート期間中に33人から回答を得ました。男女は1:2で女性が多め。年齢層は19歳以下が約半数と若年層が中心でした。まずは女性キャラクターの結果を紹介します。

トップは『コナン鈴木園子
1位は『名探偵コナン』の鈴木園子。園子は鈴木財閥のお嬢様でありながら、イケメンが大好きなキャラクターです。京極真とは人関係にありながら、ほかの男性移りしてしまうことも……。ファンからは「いつもイケメンにキャーキャー言ってるから」や「さんだったり怪盗キッドだったりと結構ミーハー」といったが上がっています。


2位は『ルパン三世』の峰不二子。魔性の女の代表格のキャラクターです。いつもルパンを騙して、のように消えていきます。
そんな彼女には「欲しい物のためならあっちへこっちへとっかえひっかえ。要らなくなったら即ポイ捨てサヨナラバイバイ。いつも振り回されるルパンが可哀想。付き合わされる次元と五右衛門はご苦労様です」というコメントが寄せられました。


3位は『斉木楠雄のΨ難』の夢原知予。ロマンチックな性格で、もともとは雄のことが好きでしたが、次々とほかのキャラが好きになっていきます。「に落ちるまでが速い! 冷めるのも速い! 次のに行くまでの時間も速い!」と多き女っぷりに驚きのが上がりました。


女性キャラ編では移り気なキャラはもちろん、敵営に寝返ったり、自意識過剰だったり、男性に対して積極的だったり、単に飽きっぽい性格だったりと、さまざまなタイプの登場人物がいました。中には乙女ゲーム主人公にも票がありましたが、システム的に仕方のないことでしょう。
また『超時空要塞マクロス』や『美少女戦士セーラームーン』、『NARUTO -ナルト-』など現在も多くのファンを持つ人気作のキャラに票があったのも特徴です。次ページには全キャラを紹介しているので、ぜひご確認ください。

ランキングトップ3
[移り気なキャラといえば? 女性キャラ編]

1位 鈴木園子名探偵コナン
2位 峰不二子ルパン三世
3位 夢原知予 『斉木楠雄のΨ難

(回答期間:2018年10月3日10月9日



投票があった全キャラを紹介
[移り気なキャラといえば? 女性キャラ編]

鈴木園子名探偵コナン
峰不二子ルパン三世
夢原知予 『斉木楠雄のΨ難
イリーナ・イェラビッチ暗殺教室
エヴァンジェリン・A・K・マクダウェルUQ HOLDER! ~魔法先生ネギま!2~
カテジナ・ルース機動戦士Vガンダム
キュルケゼロの使い魔
こはる 『NORN9 ノルン+ノネット
野々村奈菜 『ちおちゃんの通学路
ディアンヌ 『七つの大罪
ナミワンピース
リン・ミンメイ超時空要塞マクロス
愛野美奈子美少女戦士セーラームーン
安達愛姫政宗くんのリベンジ
フグ田サザエサザエさん
錦野麻僕らはみんな河合荘
荒覇吐呑子ゆらぎ荘の幽奈さん
山中いの 『NARUTO -ナルト-
チョウチョウBORUTO -ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』
主人公夢王国と眠れる100人の王子様
神楽銀魂

(回答期間:2018年10月3日10月9日【ほかの画像を見る】「ルパン三世」原作:モンキー・パンチ (C)TMS・NTV

「ルパン三世」原作:モンキー・パンチ (C)TMS・NTV