10月に入り秋ドラマが続々とスタート! 金曜放送から「僕とシッポ神楽坂」(テレビ朝日系)、「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系)、「昭和元禄落語心中」(NHK総合)、「忘却のサチコ」(テレビ東京系)をピックアップ! その人間関係が一目で分かる相関図とあらすじを詳解する。

【写真を見る】相葉雅紀主演「僕とシッポと神楽坂」のイベントにキャストと共に登場したダイキチと オギ。かわいさにその場にいた全員がメロメロに!

■ 動物大好きな相葉が獣医師に!「僕とシッポ神楽坂

 東京・神楽坂レトロな街を舞台に、相葉雅紀演じる心優しき獣医師が、動物や飼い主たちとハートフルな物語を繰り広げる。

 獣医師の達也(相葉雅紀)は、神楽坂で動物病院を営む徳丸(イッセー尾形)に誘われ、実家に戻ることに。しかし、達也が病院へ行くと、看板が下ろされ「あとはまかせた」と徳丸からの書き置きが。戸惑いながらも院長として動物病院を開業した達也は、病気やけがを負った動物を連れてくる人が後を絶たず忙しくなったため、動物看護師を募集する。そんな中、達也は車にひかれ重傷を負った迷子のイヌを抱える男児・大地(矢村央希)と遭遇。すぐにイヌの手術を施す。駆け付けた大地の母・トキワ(広末涼子)はその見事な腕に目を見張る。(第1話)

■ 後輩・小瀧との共演に相葉歓喜!

同局のドラマに初出演する小瀧について相葉は、「嵐とも一緒にイベントをやったり、全然知らない仲ではなかったのですが、こうしてドラマでご一緒できるのはまた新鮮です」と感慨深げ!

■ 難病に侵された女医と元小説家の純愛「大恋愛~僕を忘れる君と」

 若年性アルツハイマーに侵された女医と、彼女を支える元小説家の10年にわたる愛をつづる純愛ラブストーリー

 レディースクリニックで働く医師・尚(戸田恵梨香)は、精神科医・侑市(松岡昌宏)と婚約し、公私共に充実した日々を送っていた。挙式を1カ月後に控えた新居への引っ越しの日、尚は引っ越し会社でアルバイトとして働く元小説家の真司(ムロツヨシ)と運命的な出会いを果たす。初めて本気で人を好きになった尚は、真司に猛アプローチをし、初めは驚いていた真司も次第に尚に引かれていく。そして、尚は母・薫(草刈民代)の反対を押し切り、侑市に婚約破棄を申し出る。そんな中、尚が若年性アルツハイマーに侵されていることが発覚する。(第1話)

■ 松岡の熱唱に戸田、大爆笑!

尚と侑市のお見合いデートシーンで、金子監督が戸田と松岡に「もう1回、お願いします」とお願い。すると、松岡はMr.Childrenの「HANABI」のサビを「もう1回♪」と熱唱し、戸田は大爆笑

岡田将生が昭和の大名人に!「昭和元禄落語心中

 雲田はる子の同名漫画をドラマ化。昭和の落語界を舞台に、名人落語家・八雲(岡田将生)を取り巻く人々の生きざまを描く。

刑務所を出た与太郎(竜星涼)は、慰問会で聞いてその落語に一目ぼれした八雲に弟子入りを志願。八雲邸で小夏(成海璃子)、松田(篠井英介)らと共に暮らすことになる。(第1話)

岡田将生のお気に入りは?

八代目有楽亭八雲の得意な演目は「死神」。演じる岡田は「一番最初に稽古した演目ですし、やっぱり特別な感情があります」

■ 切ない恋心、忘却します!「忘却のサチコ

 結婚式当日に新郎に逃げられたアラサー編集者の幸子(高畑充希)が、つらいことを忘れるため美食を求めて奔走する姿を描く。

幸子たちは、天然で放浪癖のある小説家・姫村のサイン会を書店で行うことに。そんな中、サイン会の準備に不手際があったことが発覚し、幸子はあらゆる手を尽くす。(第1話)

早乙女太一が爽やか笑顔に苦戦?

早乙女太一は「爽やかな役を演じたことがなく、曇りのない笑顔が出せるか悩んだ」という。早乙女の新たな一面に期待!

■ 金曜8時のドラマ「駐在刑事」

これまで5本が放送された人気シリーズが連ドラ化。元警視庁の敏腕刑事で、今は奥多摩の人々に“駐在さん”として親しまれる江波役で、寺島進地上波連ドラ初主演を務める。江波が町の人々を守るため奔走する姿を描くヒューマンサスペンス

ドラマ25「このマンガがすごい!

毎回異なるゲスト俳優たちが実写化したいマンガを選び、独自の役作りでキャラクターと一体化するまでを追った挑戦の記録。ナビゲーターの蒼井優と俳優たちの知られざる演技論が明かされる。

■ 立花登青春手控え3

藤沢周平原作の時代劇シリーズ第3弾。小伝馬町の若き牢医者・登(溝端淳平)が、医者として経験を積みながら持ち前の正義感と柔術の腕前を駆使して事件を解決し、人として成長していく。(ザテレビジョン

動物大好きな相葉が獣医師に!「僕とシッポと神楽坂」