浮世絵専門美術館太田記念美術館」で江戸時代の遊の魅を伝える展覧会「花魁ファッション」が開催されます。

江戸時代に繁栄したやかな世界「遊」。中でも幕府認となっていた吉原遊廓には武士や裕福な町人、著名人も多く通いつめていました。

訪れるお客は遊を社交場として利用することも少なくなかったので、遊でお客の相手をするは、美貌だけではなく教養を備え、芸事にも秀でていることが必要でした。

やかな遊トップに君臨するは人々を魅了し、浮世絵人気の題材にもなっていました。展覧会「ファッション」ではファッショナブルな装いや、日常の生活を捉えた浮世絵作品が紹介されます。

高斎栄「扇屋見世略 あやこし はしたて はなひと」(前期)

ファッションは一般女性たちの憧れでした。やかなファッションは庶民が簡単に真似できるようなものではありませんでしたが、浮世絵に描かれるの姿を参考に、小物づかいや着付けの遊び方を取り入れていたのかもしれませんね。

が着ている着物の色の重ね方などは十分参考になると思うので、現代の着物スタイリングに取り入れることもできそうです。



やかな様相からは想像できない彼女らの置かれた過酷な遇を思いながら観覧することで、作品もまた違って見えてくるかもしれません。江戸文化のなかで独特の存在感を示すの魅を、本展で感じてみてはいかがでしょうか?

展覧会「ファッション」は2018年11月2日)~12月20日(木)の期間、東京 原宿太田記念美術館」で開催されます。

展覧会「花魁ファッション」

 

太田記念美術館

関連画像