Maxim Integratedは10月10日(米国時間)、自動車向けのマトリクスマネージャ「MAX20092」を発表した。このMAX20092に関して事前に説明会が開催されたので、その内容をご紹介したい(Photo01)。

同社は重点部門として車載ヘルスケアを掲げていることもあり、さまざまな車載ソリューションを投入している(Photo02)。

今回の製品は分類としてはセーフティに属する形になるが、同分野はADASに絡む自走行が現在ホットな話題とされている一方で、それに負けず劣らず重要視されているのが環境負荷の低減である(Photo03)。

環境負荷の低減もいろいろ手法があるが、Maximが提案するのは照明LED化である(Photo04)。もっともこれは別に今さら提案しなくてもすでに多数の照明LED化を進めてはいるものの、高級はともかく普及帯以下になると価格のがそびえ立つこととなる(Photo05)。

もちろん根本的にはコンポーネントそのものの値段が違うため、Maximだけでどうこうできるわけではないのだが、とりあえず自社の範囲内でできる事は実現しよう、というのが基本的な姿勢である(Photo06)。

こうした中で開発されたMAX20092であるが、フロント/テールライト向けの大電流LEDを12個までコントロールできるマトリックスマネージャである。

LED制御は12bit PWMで、対数フェードイン/アウトを持つほか、オープン/ショート/オープントレースの各検出モードを持ち、最大56Vまでの電圧に対応できる。また最大27個のMAX20092を並列に接続し、324個までのLED制御も可となっている。EMI対策に関しては、スルーレート制御により、EMIノイズの低減が可になっているとされる。これを利用したアプリケーションはPhoto07のような構造になる。

制御はSPI経由になっているので、適当MCUで集中管理も容易である。こちらと組み合わせるMAX20096やMAX20097はすでに発表済であり、あわせてLED照明に最適な構成を最小のBOMコスト実装面積で実現できるとする(Photo08)。

また評価キットとしてMAX20092EVSYS(Photo09)も用意され、開発用のGUIなども提供されるとする。

MAX20092はすでに出荷を開始しており、価格は1000発注時に1個あたり2.93ドルからとなっている。

なお説明会では他にサラウンドビュー向けカメラ供給用ソリューション(Photo10,11)や緊急通話向けの予備バッテリ管理ソリューション(Photo12)などの説明も行われた。同社は今後もこうしたさまざまな車載関連製品を増やしていくとの事であった。
大原雄介

画像提供:マイナビニュース