人の善意実さというものを実感させる出来事が、米国ハイオ州であった。日本円にして100万円以上の価値がある指輪が、落としのもとに事に戻った。

公園のトイレに置き忘れた指輪

米国ハイオ州ダブリンに住むCaitlin Adkinsさんは、その日、夫のJakeさんと2人で内のBallantraeコミュニティパークを訪れた。

に帰ると、にはめていた婚約指輪結婚指輪が両方ともくなっていた。

その指輪は、2つ合わせて1,000ドル(約113万円)近い値になるもの。しかも、Caitlenさんにとっては一生の記念であり、行く行くはに受け継がせたいと思っているものだった。

くした場所としてCaitlenさんが思い当たるのは、公園トイレだった。彼女海外メディアにこう話している。

私は洗面台で日焼け止めを塗ろうとしたのですが、日焼け止めが指輪につくのが嫌だったので、指輪を外してポケットに入れました。

夫のJakeさんはすぐさま公園に行き、トイレチェックしようとしたが、すでに閉園後で中に入れなかったそうだ。その後二人は、警察に届け出た。

少女と麻薬患者

この日、同じ公園に遊びに来ていたのが6歳の少女Tiny Duttonちゃんと、彼女母親ボーイフレンドであるJohnさん。Johnさんはリハビリ中の麻薬患者だ。

トイレを使ったTinyちゃんは、洗面台にキラキラる2つの指輪を見つけた。彼女に値段のことは解らなかったが、素敵に見えたことは確かなようだ。「それを見た時、マジックプリンセスだと思った」とメディアに言っている。

一方、Johnさんは麻薬に関わるような裏の世界を知っている人。指輪を一見て、高く売れるものだと分かった。

おそらくJohnさんの胸の内には、売ってしまえという思いが過ぎっただろう。しかし、リハビリをす彼は、それまでとは違う人間だった。メディアの取材を受けてこう言っている。

彼女Tinyちゃん)にこう言いました。らは正しいことをしなきゃいけない、と。

指輪らのものじゃないし、人がも見ていないところで何をするかで、その人の本当の性格が分かるとママがいつも言っている通りだよ、と彼女に言ったんです。

2人は指輪警察に届け、そのまま立ち去った。

感謝の出会い

警察からの電話指輪が届けられているのを知ったCaitlenさんは、拾った人の実さに驚き、「会ってお礼を言わなければいけない」と思ったそうだ。

そして何とかコンタクトを取り、Tinyちゃんと母親、そしてJohnさんの3人と面会した。Tinyちゃんはお礼として、おもちゃを好きなだけ買ってもらったそうだ。Caitlenさんは、皆が笑顔で写っている写真Facebook投稿している。

この出来事、当初は悲劇的な結果を予想させたが、こうしてハッピーエンドとなった。

公園で100万円の指輪を見つけた6歳の少女と麻薬リハビリ中の男が取った行動