寛政12年(1635)の武諸法度で、制度化された参勤交代。大半の大名が1年交代で、江戸許(くにもと)を往復していました。中には、半年交代や不定期の交代もあったそう。

参勤交代にかかる費用は相当なものでした

大名の所在許であれ江戸であれ、正室や嫡子は江戸に住むことが決められていました。大名行列の人数は、150300人が一般的でしたが、100万石の加賀前田では4000人のだったというから、かなり立ったでしょう。

周延「温故東の第四篇旧諸侯参勤御入府之図」

これだけの大行列になったのは、格を誇ろうとしたためと言われています。美になるのを防ぐため、武諸法度では行列の人数の削減を命じられたほど。

ちなみに中国四国九州の西大名は、大坂までは船の利用が許可されていました。その後は、陸路で江戸に向かったようです。

費用も、かなりのものだったとか。中の費用は財政の5分~1割なので、それだけだと大したことはないのですが、江戸での滞在費も含めると4割近くになるから、財政に負担だったと言われています。

さてさて、参勤交代で江戸にやってきた士は、どんな暮らしをしていたのでしょうか?

単身赴任での楽しみといえば、やはりお酒

単身赴任者がほとんどで、彼らは江戸邸の「御長屋(おながや)」「勤番長屋」と呼ばれる建物に住んでいたそう。居住間の広さは、身分によってもさまざま。何日かは私用での外出も許可されましたが、それでも窮屈なのは否めなかったでしょう。商人によっては、屋敷内での商いを許可された者もいたとか。

でも、単身赴任での楽しみといえば、やはりお酒です。宴のときは、「1汁3菜まで」「は3杯まで」「大杯の使用禁止」「菓子は一種類に限る」と決められていました。これだけ細かく決められていないと、いくらでもんで食べて…と出費がすごいことになってしまうのでしょう。

宴には宴会芸が必須!ということで、「羅まわし」で盛り上がっていた士たち。この羅まわしというのは、座になり一人が滑稽なしぐさを作って、隣の人が真似をしてさらに隣の人…と送っていく遊びです。最初に笑い崩れた人が負け、といたってシンプルみながら愉快に羅まわしをしていたんですね、きっと。かと思えば、帰を楽しみにしていたのに、帰が延期になってやけ…ということもあったとか。

許に帰る日を心待ちに、江戸での仕事に励んでいたのでしょう。

参考文献:江戸吟味問答控、大江戸暮らし江戸諸国萬案内

関連画像